注目のスタートアップ

中小・スタートアップ向け広告メディア検索プラットフォーム「BIZPA」を運営する「ビズパ」が1.8億円調達

company

2022年4月27日、株式会社ビズパは、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ビズパは、中小企業・スタートアップ向けの広告メディアの検索プラットフォーム「BIZPA(ビズパ)」を運営しています。

看板・デジタルサイネージ・紙媒体・交通広告・Web広告など多様な広告メディアを掲載しています。

予算・ターゲット・最寄駅・地図など様々な条件から、自社に最適な広告を効率的に探すことができます。

媒体社と直接取引ができるため、適正価格・小ロットでの取引が可能となります。

今回の資金は、エンジニア・デザイナーチームの増強、セールス・カスタマーサクセス・サポートチームの増強、マーケティングの強化に充当します。

電通が発表した調査レポート「2021年 日本の広告費」によると、2021年の広告費の比率は、インターネット広告費は39.8%で、屋外広告は4.0%、交通広告は2.0%となっています。

2019年よりも屋外広告・交通広告の構成比が下がり、インターネット広告の比率が高まっていることから、新型コロナウイルス感染症の影響が見てとれます。

しかし、2019年以前から屋外広告・交通広告の広告費は年々伸長を続けており、注目されているメディアのひとつであることは変わりありません。

屋外広告としては、人通りの多い場所に設置された大型のデジタルサイネージを利用した広告が大きく注目されています。特に新宿東口の大型ビジョン「クロス新宿ビジョン」で放映された飛び出すように見える猫の映像が話題となりました。視覚的にインパクトがある映像であるため、SNSで拡散され大きな宣伝効果を発揮するものとして注目されています。

一方で、こういった屋外広告の活用を提案するのは広告代理店であり、そのターゲットはほとんどが大企業です。中小企業やスタートアップがこういった屋外広告などを活用したい場合は、メディアを探すことから始めなくてはなりません。

そして、このメディアの情報は集約されていないため、インターネットで検索したり、知り合いから紹介してもらったりなど、非効率的な手段で探さなくてはならないことが大きな課題となっています。

ビズパはこの課題を解決するため、看板・デジタルサイネージ・紙媒体・交通広告・Web広告など、様々な広告メディアを検索することができるプラットフォーム「BIZPA」を提供しています。

株式会社ビズパのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ビズパ 共同創業者兼取締役COO 小林玉喜氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

サイト利用者の利便性向上のためのエンジニア・デザイナー採用、より幅広いお客様への提案とサポート力強化のためのセールス・サポートチームの増強、ビズパの認知拡大のためのマーケティング活動の拡大。

・今後の展望を教えてください。

テクノロジーの力で中小・スタートアップ企業のプロモーションに関する課題を解決していきます。メディアのマッチングだけではなく、集客課題の本質に向き合い、集客をワンストップで叶えることができるプラットフォームを目指しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

中小・スタートアップ企業でも取り組みやすい低単価な広告メニューも多数ラインナップしています。ターゲットやエリアで絞り込んで様々な広告メニューを検索・比較できますので、是非サイトを御覧ください。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。「冊子版創業手帳」では、SNSやインターネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Bizpa OOH広告 スタートアップ ビズパ メディア 中小企業 広告 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ネットのエース」がインターネット契約の総合窓口「ネットのミカタ。」をリリース
2020年11月24日、株式会社ALL CONNECTは、グループ会社の株式会社ネットのエースが、「ネットのミカタ。」の提供を11月24日(火)から開始したことを発表しました。 「ネットのミカタ。」は…
社会インパクト可視化システムと社会インパクト投資プラットフォームを開発する「インパクトサークル」が8,000万円調達
2022年3月16日、インパクトサークル株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会インパクト可視化型マイクロファイナンスと、社会インパクト投資プラットフォームを開発…
「創業手帳」によるオンライン・セミナー「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」が開催 11/25
創業手帳株式会社は「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」を2020年11月25日(水)に開催することを発表しました。 「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップ…
金融教育FinTechサービス「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が12億円調達
2022年3月30日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ABCash Technologiesは、個人向けのお金のパーソナルトレ…
スポーツ・チームや選手に投げ銭(ギフティング)できるサービス提供の「エンゲート」が資金調達
2020年11月2日、エンゲート株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 スポーツ・チームや選手に、応援する気持ちをギフティング(投げ銭)できるサービス「エンゲート」を提供しています。 10…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ