医療機関向け臨床現場即時検査(POCT)機器など提供の「ジーニアルライト」が2.4億円調達

2020年7月6日、ジーニアルライト株式会社は、総額2億4,030万円の資金調達を実施したことを発表しました。

小型・高感度・低ノイズの光センサーの研究開発・製造技術を持ち、医療機関向け臨床現場即時検査(POCT)機器と、モバイル・ヘルスケア・デバイス(ウェアラブル・デバイス)を展開しています。

モバイル・ヘルスケア・デバイスは、17項目以上の生体データを医療機器と同等の精度で計測できるものです。

デバイスは、ブレスレット型、ペンダント型、ヘルメットへの取り付けなど、様々なシーンに対応しています。

POCTは、小型分析器など医療現場で行うリアルタイム検査を実施する機器です。2020年7月現在、潜血センサー、Hctモニター、小型分析器などの製品群を展開しています。

今回の資金は、R&D、POCT機器の開発、生体データ保管分析クラウド・サービスの構築などに充当されます。

医療現場ではリアルタイムに得られる検査データが必要とされる場面があります。このデータは、早期治療の方向づけのために重要な情報となります。

POCTは、数十分以内に必要なデータを得ることができ、これにより、感染症への的確な治療などが行えるようになりました。

また、小型でインフラに制限されないため、災害時での検査にも役立ちます。

今後、救急医療や、在宅・介護の現場だけでなく、空港などの検疫検査や品質検査などの新しい市場でも利用されていくとみられています。

研究開発型のビジネスは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ POCT ジーニアルライト データ ヘルスケア 光センサー 分析 医療 株式会社 機器 研究開発 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ