バーチャルキャラクターとの対話型コミュニケーションサービス「cocoro:id」提供の「MOSHBIT.」が資金調達

company

2021年10月13日、株式会社MOSHBIT.は、資金調達を実施したことを発表しました。

バーチャルパートナーとの対話型コミュニケーションサービス「cocoro:id(ココロイド)」を提供しています。

実際の人間が操作するバーチャルキャラクター(バーチャルパートナー)との対話やライブ配信を通じて、関係性を育むことができるコミュニケーションサービスです。

1対1のつながりを重視し、ユーザーには心の拠り所となるような価値を提供することを目指しています。

配信キャストとはMOSHBIT.が直接契約を結び、配信・通話などの売上から報酬を支払うというモデルを採用し、在宅・遠隔・匿名で働くことができる環境を提供しています。

今回の資金は、さらなる体験の向上とサービスの拡大に充当されます。

スマートフォンの普及や動画プラットフォームの利用率の向上などにより、ライブ配信市場は急拡大しています。

ライブ配信専門のプラットフォームについてもいくつもあり、有名人が多数ライブ配信を行うものや、ゲーム専門のもの、アバターを操作してライブ配信するものなど多種多様です。

アバターを利用してYouTuberで配信をする配信者はVTuber(バーチャルユーチューバー)と呼ばれ、VTuberとして活動する配信者は1万人を突破しています。

アバターを利用することで顔をださなくてすむため、トラブルを回避できることや、好きな姿で配信できることが大きなメリットとなっています。

またアバターを利用したコミュニケーションはライブ配信以外でもみられるようになっており、駅の案内や店舗内の接客などにも活用されはじめています。

アバターを活用した遠隔接客は、新型コロナウイルス感染症の流行により非対面での接客が求められたことによって注目を集めています。

大きなメリットとしては、インターネットがつながっていれば日本全国どこからでも接客を行えることが挙げられます。

今後、人手不足や働き方改革のため店舗の接客についてもイノベーションが起こると想定されており、アバター接客はそのうちのひとつの手段と考えられています。

MOSHBIT.の「cocoro:id」は、VTuberと似たようなスタイルの取り組みです。しかし、1対1のコミュニケーションを重視し、相手の心の拠り所となりエンタメとメンタルケアを両立しようとするところが特徴的です。

日本の心理カウンセリングの市場規模は約350億円と推計されていますが、カウンセリング的な要素を持つ占いの市場規模は2兆円にものぼるといわれています。

またインターネットで愚痴聞きサービスや話し相手サービスなどと調べると多数のサービスがヒットします。

このことから、1対1のコミュニケーションに需要があることがわかります。「cocoro:id」は、この1対1コミュニケーションの潜在的な需要をどれだけ掘り起こせるかが鍵となってくるでしょう。

ライブ配信市場では多くのインフルエンサーが誕生しています。インフルエンサーを活用したマーケティングはインフルエンサーマーケティングと呼ばれ大きく注目されています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ cocoro:id MOSHBIT. アバター キャラクター ココロイド コミュニケーション バーチャル メンタルケア ライブ配信 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「三越伊勢丹グループアクセラレーター」の成果発表会が開催
2019年7月17日、株式会社ゼロワンブースターは、「三越伊勢丹グループアクセラレーター」に選抜された起業家5チームの成果発表会(Demo Day)を2019年7月16日(火)に開催したことを発表しま…
多拠点クラウド・オフィス「TeleworkSpace」開発の「テレワーク・テクノロジーズ」が資金調達
2020年6月5日、テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 予約不要の3タップ10秒で利用できる多拠点ワークスペース・アプリ「TeleworkSpace(テレワー…
ボタンひとつでタクシーを配車できるデバイス「タクシーダッシュボタン」と「電脳交通」の配車システムが連携
2021年4月27日、株式会社電脳交通は、モバイル・コマース・ソリューション株式会社が提供する「タクシーダッシュボタン」とシステム連携を開始したことを発表しました。 電脳交通は、クラウド型タクシー配車…
ドローンによる屋根外装点検アプリ「DroneRoofer」など建設業界向けドローン・ソフトウェア提供の「CLUE」が20億円調達
2020年12月21日、株式会社CLUEは、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ドローンの自動操縦を可能にする屋根外装点検アプリ「DroneRoofer」や、建設現場のための施工管理…
後継者候補に特化した求人広告サイト運営の「LOCAL STAR」が開業
株式会社LOCAL STARは、設立を発表しました。 後継者候補に特化した求人広告サイト「LOCAL STAR」を運営します。 格安の掲載料で、後継者候補を探せる求人広告メディアとしてサービスを提供し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ