注目のスタートアップ

受付から終了まで30分で完了する脳ドック「スマート脳ドック」などを展開する「スマートスキャン」が13.7億円調達

company

2022年4月11日、スマートスキャン株式会社は、総額13億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

スマートスキャンは、脳ドックのWeb予約サイト「スマート脳ドック」や、脳ドック専用のクリニック「メディカルチェックスタジオ」のプロデュースなどを行っています。

「スマート脳ドック」は、受付から病院を出るまでを30分で完了する脳ドックサービスです。Webから予約でき、税込19,250円という価格で脳ドックを受けることがでます。

また、CT肺・心血管ドック、新型コロナ抗体検査、CT体脂肪検査、sd LDL-C検査など様々な検査を組み合わせ、同日にまとめて検査することも可能です。

全国の病院・クリニックにあるMRI装置を有効活用するため、未稼働時間を活用したシェアリングエコノミーの構築により、「スマート脳ドック」が受けられる環境づくりを進めています。また、MRI搭載車による「移動式脳ドックサービス」の提供を出光興産株式会社と進めています。

今回の資金は、シェアリングエコノミー事業の拡大、移動式健診サービスの本格展開、サービス・周辺情報の発信の強化などに充当されます。

脳ドックとは、脳卒中や脳萎縮などの脳疾患の早期発見のため、MRIなどによる検査を行う検診サービスのことです。

脳梗塞・くも膜下出血などの脳血管疾患は、突然発症しそのまま死に至るというケースが多く、とても恐ろしい疾患のひとつです。自覚症状などもなく発症することが多いため、未然に防ぐためには、生活習慣の改善や定期的な検査が重要です。

脳ドックの相場は約2万円~5万円で、時間も1時間半~3時間程度かかると言われています。そのため脳ドックの必要性を理解していながらも検診を受けることを躊躇してしまう人も多数いると考えられます。

「スマート脳ドック」は、約2万円という低価格で、30分で検査が完了するという利便性の高さを特徴とした脳ドックサービスです。ITを駆使することによって効率化を図ることでこのサービスを実現しています。

また、全国の病院・クリニックにある未利用時間帯のMRIを「スマート脳ドック」で活用することにより予防医療を進めつつ、病院・クリニックの利益を最大化させることも同時に行っています。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。たとえば雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいもののひとつです。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クリニック スマートスキャン スマート脳ドック メディカルチェックスタジオ 予約 予防医療 医療 未病ケア 株式会社 病院 脳ドック 脳疾患 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

三菱商事が自社で進めてきた倉庫産業DX事業を新設子会社「Gaussy」に譲渡 6社がパートナーとして出資参画
2022年7月1日、三菱商事株式会社は、三菱商事、三菱商事ロジスティクス株式会社、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社、プロロジス、三井不動産株式会社、三菱HCキャピタル株式会社、三菱地所株式会社…
データカタログSaaS開発の「Quollio Technologies」が5,000万円調達
2022年1月11日、株式会社Quollio Technologiesは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 データカタログSaaSの開発を行っています。 既存のデータサービスに対…
使うほどに変形して最適化されていくベッド「Bexx」開発の「Ax Robotix」が1億円調達
2020年11月24日、Ax Robotix株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ロボット化(自在に変形可能)したベッド(マットレス)により理想の睡眠を実現する寝具「Bex…
花嫁プラットフォーム「ウェディングニュース」運営の「オリジナルライフ」が2.8億円調達
2020年1月20日、オリジナルライフ株式会社は、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 花嫁プラットフォーム「ウェディングニュース」を運営しています。 花嫁による結婚式の実例…
空飛ぶクルマ開発の「SkyDrive」が15億円調達
2019年9月30日、株式会社SkyDriveは、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸を特徴としている、空飛ぶクルマ“電動垂直離着陸型無操縦者航…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ