注目のスタートアップ

受付から終了まで30分で完了する脳ドック「スマート脳ドック」などを展開する「スマートスキャン」が13.7億円調達

company

2022年4月11日、スマートスキャン株式会社は、総額13億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

スマートスキャンは、脳ドックのWeb予約サイト「スマート脳ドック」や、脳ドック専用のクリニック「メディカルチェックスタジオ」のプロデュースなどを行っています。

「スマート脳ドック」は、受付から病院を出るまでを30分で完了する脳ドックサービスです。Webから予約でき、税込19,250円という価格で脳ドックを受けることがでます。

また、CT肺・心血管ドック、新型コロナ抗体検査、CT体脂肪検査、sd LDL-C検査など様々な検査を組み合わせ、同日にまとめて検査することも可能です。

全国の病院・クリニックにあるMRI装置を有効活用するため、未稼働時間を活用したシェアリングエコノミーの構築により、「スマート脳ドック」が受けられる環境づくりを進めています。また、MRI搭載車による「移動式脳ドックサービス」の提供を出光興産株式会社と進めています。

今回の資金は、シェアリングエコノミー事業の拡大、移動式健診サービスの本格展開、サービス・周辺情報の発信の強化などに充当されます。

脳ドックとは、脳卒中や脳萎縮などの脳疾患の早期発見のため、MRIなどによる検査を行う検診サービスのことです。

脳梗塞・くも膜下出血などの脳血管疾患は、突然発症しそのまま死に至るというケースが多く、とても恐ろしい疾患のひとつです。自覚症状などもなく発症することが多いため、未然に防ぐためには、生活習慣の改善や定期的な検査が重要です。

脳ドックの相場は約2万円~5万円で、時間も1時間半~3時間程度かかると言われています。そのため脳ドックの必要性を理解していながらも検診を受けることを躊躇してしまう人も多数いると考えられます。

「スマート脳ドック」は、約2万円という低価格で、30分で検査が完了するという利便性の高さを特徴とした脳ドックサービスです。ITを駆使することによって効率化を図ることでこのサービスを実現しています。

また、全国の病院・クリニックにある未利用時間帯のMRIを「スマート脳ドック」で活用することにより予防医療を進めつつ、病院・クリニックの利益を最大化させることも同時に行っています。

ヘルスケアは企業の健康経営にとっても重要です。たとえば雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいもののひとつです。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クリニック スマートスキャン スマート脳ドック メディカルチェックスタジオ 予約 予防医療 医療 未病ケア 株式会社 病院 脳ドック 脳疾患 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

調剤薬局・零売薬局・訪問看護などを展開する「GOOD AID」が3億円調達
2022年4月28日、GOOD AID株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 GOOD AIDは、2022年5月現在、調剤薬局「おだいじに薬局」を26店舗と、子会社であるセル…
IT・デジタル領域でクリエイティブやデジタル・マーケティング事業を展開する「monomode」が資金調達
2020年11月2日、株式会社monomodeは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社北海道二十一世紀総合研究所が運営する「北洋SDGs推進ファンド(北洋SDGs推進投資事業有限…
ソーシャルカレンダーアプリ「Skele」運営の「pow」が5,100万円調達
2021年7月27日、株式会社powは、総額5,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」の正式版(iOS)を公開したこともあわせて発…
学術領域の専門家による技術スポット・コンサル・サービス「Acaview」事前登録開始
2019年11月19日、株式会社POLは、「Acaview(アカビュー)」の事前登録を開始することを発表しました。 「Acaview」は、学術領域の専門家(研究者や博士など)による、技術スポット・コン…
フード・シェアリング・サービス「TABETE」展開の「コークッキング」が資金調達
2020年8月13日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店や小売店で廃棄されてしまう食事と、テイクアウト購入したい消費者とをマッチングするサービス「TABETE」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ