Web会議などで自分の外見をAIによって置き換える「xpression camera」が正式リリース

tips

2022年3月31日、株式会社EmbodyMeは、「xpression camera(エクスプレッションカメラ)」の正式版をリリースしたことを発表しました。

「xpression camera』は、自分の外見をAIによって置き換え、表情・身体の動きに追従する動画をリアルタイムに生成するサービスです。Zoom・Teams・YouTubeなどあらゆるビデオアプリ上で動作します。

このサービスを利用することで、たとえば自分のスーツ姿の画像を1枚用意すると、パジャマ姿であってもほかの参加者にはスーツ姿でWeb会議に参加しているように見えます。

Web会議などのビデオチャットだけでなく、映像制作、ライブ配信など、幅広いシーンで活用することができます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、コミュニケーション手段としてビデオチャットが利用されるシーンが急激に増加しました。ビデオチャットはインターネット環境さえあれば、どこでも・いつでもコミュニケーションが行えることがメリットですが、一方で複数人が同時に話すと会話が埋もれてしまって聞こえないという問題や、回線の品質の問題などがあり、現実のコミュニケーションを代替するまでには至っていません。

また、自分の部屋でビデオチャットを行う場合、身だしなみを整えたり部屋を綺麗に保つことなどが必要であり、それをストレスと感じている人も多いでしょう。Web会議ツールとして有名なZoomには背景を置き換えることができる「バーチャル背景」機能があり、これを活用している人もよく見かけます。

しかし自分の身だしなみに関してはまだ課題があります。2D・3Dのアバターを利用して動画制作・ライブ配信を行うVTuberのように好きなアバターを被ってコミュニケーションができれば便利だろうと思った人もいるかもしれません。

VTuberがよく利用しているソフトウェアに「FaceRig」というものがあります。これはWebカメラによってユーザーの顔や頭部を認識し、表情・動きをアバターに反映させるというソフトウェアです。しかしオリジナルのアバターを利用したい場合は、ソフトウェア側にアバターのパーツがそれぞれ「何」であるのかを設定しなくてはなりません。また2Dのアバターの場合はもともとは静止画であるため動作が存在しません。そのためLive2Dなどのソフトウェアを利用して動きを設定することも必要となります。このようなことからオリジナルのアバターを気軽に利用することは難しかったのです。

しかしEmbodyMeの発表した「xpression camera」は、AIによってパーツを判別し、口の開きや瞬きなどの動作も自動で生成することで、静止画1枚を読み込むだけでアバターを動作させることが可能になるというソフトウェアです。手軽に静止画アバターを動かすことが可能となるため、今後どのようなシーンで活用されていくのか注目が必要です。

テレワークなど新たな働き方のためにはコミュニケーションツールなどICTツールの導入が必要です。「冊子版創業手帳」では、創業期における社内システムの構築について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI EmbodyMe Web会議 xpression camera Zoom アバター ライブ動画 動画 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

EV充電スタンド「PLUGO BAR」・EV充電予約アプリ「MY PLUGO」など展開の「プラゴ」が3億円調達
2022年3月31日、株式会社プラゴは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 プラゴは、EV充電スタンド「PLUGO BAR」、EV充電予約アプリ「MY PLUGO」、サステナブルな生き…
寺社仏閣コンサルティング事業など展開の「ELternal」が資金調達
ウエルインベストメント株式会社は、株式会社ELternalへの出資を決定したことを発表しました。 この出資は、学校法人早稲田大学と2018年10月29日に締結された提携契約に基づいて組成された「早稲田…
デジタルプラットフォーム上のトラブルを法的に解決するサービス「Teuchi for デジプラ」がローンチ
2022年5月2日、ミドルマン株式会社は、「Teuchi for デジプラ」をローンチしたことを発表しました。 また、「Teuchi for デジプラ」は、株式会社タスカジが提供する家事代行マッチング…
スマホで原材料蘭を撮影するだけでアレルギー表を作成する飲食店向けサービス「アレルギ一表作成代行サービス」が提供開始
株式会社CAN EATは、「アレルギ一表作成代行サービス」を開始したことを発表しました。 「アレルギ一表作成代行サービス」は、飲食店向けのアレルギー表の作成を代行するサービスです。 手持ちのスマートフ…
ファッションテックの「Liaro」が6,000万円調達!
株式会社Liaroは、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、AI特化型インキュベーターの株式会社ディープコアです。 Liaroは、AIを活用した画像解析によるファッション・…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ