「リアコネ」が廃棄予定在庫をクローズドマーケット内で特定事業者に販売するBtoB販売サービス「リアコネBOX」をローンチ

tool

2022年3月28日、株式会社リアコネは、「リアコネBOX」を開始することを発表しました。

「リアコネBOX」は、非耐久消費財メーカー(日用品、加工食品、化粧品など)がやむを得ず抱えてしまう廃棄予定在庫を買い取り、会員登録した特定の事業者(ガソリンスタンド、スポーツ関連団体、美容・エステ、整備工場、福祉施設など)のみを対象としたクローズドマーケットで販売するBtoB販売サービスです。

リアコネはほかに、非耐久消費財メーカーの廃棄予定品を小売店で購⼊したユーザーに、ポイント還元・キャッシュバックすることで日用消耗品の廃棄ロスを軽減するデジタルサービス「リアコネ」を運営しています。

非耐久消費財メーカー(日用品、加工食品、化粧品など)は、流行の移り変わりや、賞味期限・利用期限、困難な需要予測などにより、今後売れる見込みがない商品の在庫である滞留在庫を抱えてしまうことがよくあります。

この滞留在庫は倉庫を圧迫するので、コスト削減のために破棄することになります。一部の在庫は買い取ってくれる業者があるため、そのような在庫は売ることになります。

しかし近年、SDGsの推進などにより社会の環境に対する意識が変わり、廃棄せざるを得ない商品などをどうにかして救おうという動きが出てきています。

今回リアコネがローンチした「リアコネBOX」は、この滞留在庫を買い取り、クローズドマーケットで販売するサービスです。非公開で販売するため、ブランドの毀損を心配するメーカーも安心して利用することができます。

また、リアコネは提携メーカーの製品リニューアルなどにより廃棄間近の商品を掲載し、それを買ってくれたユーザーにポイントを付与するアプリ「リアコネ」も提供しています。

課題を解決するためには、スタートアップによる斬新なアイデアが必要となる時もあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考や手法、アイデアを思いついた時の話などを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ BtoB リアコネ リアコネBOX 在庫 廃棄 廃棄ロス 廃棄予定在庫 日用品 株式会社 滞留在庫 販売 非耐久消費財
詳細はこちら

日用消耗品メーカーの廃棄予定在庫を、必要な特定事業者に安値で配送!メーカーの製品廃棄コストと環境負荷を軽減するBtoB販売サービス 『リアコネBOX』 ローンチ

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

デザインのみでWebサイトが作れるデザイン・ツール運営の「STUDIO」が1.3億円調達
2019年7月25日、STUDIO株式会社は、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Webサイトのデザイン・公開・運用までをコーディングなしで完結できるデザイン・ツール「S…
不動産の非稼働在庫を会議室・イベント・スペースなど多目的に活用する「Pit in」が3,000万円調達
2020年2月28日、Pit in株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産の非稼働在庫を、分単位かつ顧客の多目的なニーズに応える“レスポンシブ・スペース”事業を…
スマートホームカメラ「ATOM Cam」において動体を検知して自動録画しクラウドに保存する新サービスが導入
2021年3月24日、アトムテック株式会社は、「ATOM Cam(アトムカム)」において、「クラウドモーション検知 “無制限” 録画サービス」を開発導入することを発表しました。提供開始は2021年3月…
オンラインゲームの経済圏を拡大させることでメタバースの実現を目指す「Meta Earth」が1億円調達
2022年3月29日、株式会社Meta Earthは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Meta Earthは、オンラインゲームの経済圏を拡大させることで本物のメタバースを実現するこ…
独自冷凍技術により地域のパン屋さんと消費者をつなぐ「パンフォーユー」が8,000万円調達
2021年5月10日、株式会社パンフォーユーは、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 パンフォーユーは独自開発の冷凍技術を活用し、個人向けパン宅配サービス「パンスク」や、法人向…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ