注目のスタートアップ

クラウド郵便サービス「atena」提供の「N-Technologies」が1.25億円調達

company

2022年3月25日、株式会社N-Technologiesは、総額1億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

N-Technologiesは、クラウド郵便サービス「atena(アテナ)」を提供しています。

会社に届く郵便物をすべて電子化することで、どこにいてもPCなどの端末から確認・管理できるサービスです。郵便物の受け取り・管理・スキャニング・不要な郵便物の処理といった作業を一元管理することができます。

今回の資金は、マーケティング、オペレーションの強化、人材採用に充当されます。

新型コロナウイルスの影響により多くの企業でテレワークが急激に普及しました。しかし多くの企業ではテレワーク環境を万全にすることは難しく、郵便物を取りに行ったりハンコを押すためだけに出社しなくてはならないといった課題が発生しました。

N-Technologiesの「atena」は、この課題を解決するために生まれたサービスです。郵便物を「atena」の専用住所に郵送されるようにすることで、スキャン・管理されます。スキャンされた郵便物はクラウド上で確認できるため、郵便物の確認のために出社しなくてはならないということがなくなります。

また、すべての郵便物を簡単に電子化できるためペーパーレス化の促進、そして郵便物の管理・保管が効率化されるため、コストの削減も実現できます。

テレワークが普及したことにより、オフィスを設置しない完全テレワークに移行した企業も登場しています。郵便物の電子化は完全テレワークの実現のためには必須のサービスであるため、ニューノーマル時代での引き合いが増加していくと考えられます。

新型コロナウイルスは多くの企業にデジタル化を迫りましたが、レガシーな企業・組織ではデジタル化に苦しんでいるところもあります。しかし創業期はなにも導入されていない状態であるため、好きなようにシステムを導入することができます。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ atena N-Technologies アテナ クラウド テレワーク ペーパーレス化 一元管理 書類 株式会社 管理 資金調達 郵便 郵便物 電子化
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

1万円で100社に効果的に営業できるサービス「カイタク」が正式スタート
2020年4月3日、株式会社イメジンは、「カイタク」を正式スタートしたことを発表しました。 「カイタク」は、経験・知識が豊富なスタッフが厳選したターゲットに、プロのライターが作成したセールス・レターを…
AGA(男性型脱毛症)管理アプリ「HIX」運営の「エムボックス」が4,000万円調達
2021年2月24日、株式会社エムボックスは、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AGA(男性型脱毛症)管理アプリ「HIX(ヒックス)」を運営しています。 スマートフォンで髪…
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を運営しています。 出張の要件を入力するだけで…
eスポーツ関連事業展開の「RATEL」が1.2億円調達
2021年4月14日、株式会社RATELは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツ大会の運営・放送事業を展開しています。主なタイトルは、CoDモバイル、CoDBOC…
解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」運営の「クラッソーネ」が8億円調達
2020年12月14日、株式会社クラッソーネは、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」や、解体工事向け営業支援システム「くらそうねbi…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ