「ラディウス・ファイブ」がポートレートや遺影など人物写真を高画質化するAI「Face Refiner」をリリース

tips

2022年3月17日、株式会社ラディウス・ファイブは、「Face Refiner(フェイス リファイナー)」をリリースしたことを発表しました。

「Face Refiner」は、人物写真をAIによって高画質化するサービスです。

人物の顔に限定した処理と画像全体を対象にした処理の両方を適用することで、人物写真を約1分で高画像化します。

また、AIを利用して画像処理を行ったあと、保存をしたタイミングで課金(もしくはサブスクプランにおけるポイントの消費)されるため、望んだ結果が得られていないのに料金を支払わなければならないということがありません。

ラディウス・ファイブはほかに、高画質化AI「Photo Refiner」や、イラストメーカーAI「彩ちゃん+」、写真動画化AI「Moving Photo Maker」など、画像領域における様々なAIプロダクトを提供しています。

デジタルの画像は拡大していくと四角形(ピクセル)の集まりだということがわかります。解像度が悪いものはこのピクセルの密度が低いため、曲線などが階段状にギザギザに表現されることになります。

高画質の画像が欲しい場合、画像の元データがあれば高画質で書き出せばいいだけなのですが、アナログの写真をスキャンした画像などその解像度のデータしか手元にない場合は、高画質化するための編集が必要となります。また、撮影した写真にピンぼけやノイズがある場合も編集が必要となり、これまでは専門的なスキルを持った人が専用のソフトウェアを使って作業を行っていました。

しかし、AI技術はこの画像の高画質化・ノイズ低減などの領域で大きな変革をもたらしました。画像を読み込ませるだけでAIアルゴリズムによって高画質化・ノイズ低減などを行えるようになったのです。もちろん現状の技術では人の手による高画質化やノイズ低減のほうがクオリティは高いのですが、AIは安く・早くできるため、様々なシーンで利用されています。

AIはプロダクトでの活用だけでなく、業務効率化においても活用されています。AIを活用したツールは生産性を飛躍的に向上させる可能性がありますので、積極的に導入を考えましょう。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI Face Refiner フェイス リファイナー ポートレイト ラディウス・ファイブ 人物 処理 株式会社 画像 高画質化
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

チェーンストアECの垂直立ち上げプラットフォーム「Stailer」提供の「10X」が15億円調達
2021年7月28日、株式会社10Xは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 小売チェーン向けのECプラットフォーム「Stailer(ステイラー)」を提供しています。 スーパーマーケ…
パーソナライズド・カフェ「TAILORED CAFE」など運営の「カンカク」が3.5億円調達
2020年9月7日、株式会社カンカクは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、コーヒー豆のカスタマイズ・オンライン・ショップを運営する「Cottea」をM&Aにより事業…
【9月2日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ
9月2日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。 外国人留学生の経営管理ビザ切り替え容易に 国家戦略特区で起業促す 政府は、国家戦略特区内に限って、外国人留学生が保有す…
ゲーム・クリエイティブ制作事業など展開の「フーモア」が1.3億円調達
2020年6月12日、株式会社フーモアは、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業を展開しています。 ・ソーシャル・ゲームなどに活用されるイラストや3DCG、2Dアニ…
投資先管理ツール「FUNDBOARD」がスタートアップ・データベースと連携
2020年2月17日、株式会社ケップルは、「FUNDBOARD」において、約4,500社の情報を有するケップルスタートアップデータベースとの連携機能をリリースしたことを発表しました。 「FUNDBOA…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ