注目のスタートアップ

NFT検索プラットフォーム「NFT iD」開発の「Masentic」が資金調達

company

2022年3月16日、株式会社Masenticは、資金調達を実施したことを発表しました。

NFT検索プラットフォーム(NFTソーシャルエクスプローラー)「NFT iD」を開発しています。リリースは3月28日を予定しています。

10,000件以上のNFTプロダクトを検索できるプラットフォームです。正規情報を網羅的に検索できるほか、著名人の購入履歴を確認できる「フォロー&フィード機能」などにより、信頼できるNFTプロダクトを簡単に発見することができます。

将来的にはNFTの特性を活かした“身分証”や“装飾品”として機能するNFTの発行・データ提供サービスの提供を目指しています。

今回の資金は、人材採用、プロダクト開発、マーケティング、国外の活動・市場調査に充当されます。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、デジタルデータに唯一無二の資産的価値を付与する技術/コト/モノを指します。

これまで画像や音楽などのデジタルデータは容易に複製(コピー)や改竄することが可能でした。そういった特性からデジタルデータはモノとしての価値は薄く、たとえばアート市場においてもデジタルデータは資産的な価値がつきませんでした。

しかし、NFTの登場により大きく状況が変化しました。NFTはデジタルデータが改竄されていないことを証明するため、たとえば事業者がデジタルデータを数量限定で流通させることも可能となったのです。

一方で、ブロックチェーン技術を利用した暗号資産の投機的な側面が注目されていたこともあり、NFTを活用したアート作品であるNFTアートに考えられないほどの高値がつきました。これにより、利益を得ることを第一とするプレイヤーが多数参入し、NFTに懐疑的な目線が向けられるようになっています。

もちろん、NFTはただの技術であり、それを悪用する者・組織が悪いということはいうまでもありません。NFTアートが価値を有していることは事実であり、まともなNFTアートが流通することになれば、それはオンラインでのアート市場が形成されたことになります。そのため、NFTが正しく流通する仕組みを構築することが重要なのです。

Masenticは、まずは「NFT iD」の提供を通じ、玉石混淆の状態にあるNFTプロダクトにおいて正しい情報を取得できる環境を構築することを目指しています。

信頼できる情報は起業においても武器となります。「冊子版創業手帳」では、起業家・専門家の生の声から情報を精査し、本当に使える起業ノウハウだけを掲載しています。無料で入手できますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Masentic NFT NFT iD プラットフォーム 株式会社 検索 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIテスト自動化プラットフォーム「Magic Pod」運営の「TRIDENT」が3億円調達
2021年7月7日、株式会社TRIDENTは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIテスト自動化プラットフォーム「Magic Pod」を運営しています。 モバイルアプリテスト、ブラウ…
EC特化型のAIシステム開発の「LISUTO」が「佐川急便」と資本業務提携 EC事業者向けソリューションを提供
2021年4月20日、LISUTO株式会社は、佐川急便株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 LISUTOは、スラエルに開発拠点を構え、商品詳細などのテキストからタグを自動登録するA…
中高生向けプログラミング教育事業展開の「ライフイズテック」が15億円調達
2019年11月15日、ライフイズテック株式会社は、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 中高生向けのプログラミング教育事業を展開しています。 今回の資金は以下の取組みに充当されます…
IFA向け総合コンサルティング展開の「アドバイザーナビ」が4,500万円調達
2020年4月2日、アドバイザーナビ株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IFAチャネルの総合コンサルティング事業を展開しています。 具体的には、完全無料のIFAマッ…
「バカン」のアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」が「群馬県館林市」に導入 災害時避難所の混雑を可視化
2020年12月17日、株式会社バカンと、群馬県館林市は、2020年12月16日、災害発生時における避難所の混雑情報配信に関する協定を締結したことを発表しました。 バカンは、施設や店舗のリアルタイムの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ