韓国発ゴルフウェアのコミュニティ型EC「SOMUA CLUB」がリリース

tips

2022年3月7日、株式会社ICBREAKは、「SOMUA CLUB(ソムアクラブ)」を正式リリースしたことを発表しました。

「SOMUA CLUB」は、韓国ゴルフウェアのコミュニティ型ECです。

コロナ禍によって増加している若年層・女性のゴルファーに向け、韓国発のゴルフウェアブランドを中心に提供するECサイトです。

リリース時にはEC機能しかありませんが、コミュニティ型ECとして成長させるため、コミュニティを構築するためのメンバー機能を実装する予定です。

韓国コンテンツ・ゴルフ・スポーツ・美容など、好きなものでつながることができるオフ/オンラインイベントを開催し、メンバー限定で招待をする予定です。

またメンバーには、限定商品の販売や特別価格での販売、ゴルフ場の限定プラン予約なども提供する予定です。

1998年、新人だったパク・セリ選手が全米女子オープンで優勝を飾ったことで、韓国では女子プロゴルフが一気に浸透しました。

一方で長年ゴルフはお金持ちのスポーツだというイメージが消えず、若年層のプレー人口は増えませんでした。

しかし近年、スクリーンゴルフという屋内でプレーできるシミュレーションゴルフが成長したことで、韓国のゴルフ人口が増加しています。

若年層向けのゴルフウェアブランドも増加し、有名人とのタイアップなどもあいまって若年層の間で注目されているカルチャーのひとつとなっています。

ゴルフはプレー時の感染リスクの低さから、コロナ禍の日本においても注目を集めています。

若年層・女性を取り込むための施策を行うゴルフ場の例も確認でき、今後の若年層・女性向けの市場拡大が期待されています。

ICBREAKは、今後の拡大が期待されるゴルフ市場において、若年層・女性において強力なポジションを占めている韓国コンテンツを取り入れることで、若年層・女性に訴求していくようです。

株式会社ICBREAKのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ICBREAK 代表取締役 菅野一成氏よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

弊社「SOMUA CLUB」のセールスポイントは、“韓国”という若年層や女性層のユーザーが多いコンテンツと、コロナの影響により大きな伸びを見せている“ゴルフ”という2つの軸を掛け合わせたコンテンツ力、そして会員機能を搭載し、クローズドなコミュニティ型のECとしてエンゲージメントを高めることによる媒体力になります。

またオフラインだけでなく、オンラインでの販売やイベントの開催も年内に実行予定ですので、より会員が楽しめ、かつコミュニティ内で繋がりを形成できるような次世代ECサービスを目指しております。

・今後の展望を教えてください。

今後は、上記と重複しますが会員向けのコンテンツをより拡充していきます。また中長期的には、ゴルフウェアを軸にそのほかにも様々な商材(美容・健康など)も取り扱い、ユーザーのライフスタイルへ包括的に提案できるサービスを目指してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

この度は弊社ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

我々は20代のメンバーのみで会社・サービスを運営しておりまして、次世代の日本や市場を盛り上げるために日々尽力しています。

今後「SOMUA CLUB」は、よりコンテンツや機能を拡充し、厚く大きいものに成長させていく予定ですので、ぜひ今後ともその動向をチェックしていただけますと幸いです。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。また企業のブランディングとしても利用できるため、マーケティング手法としても重要視されています。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトやECモールの導入ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ EC ICBREAK SOMUA CLUB アパレル コミュニティ ゴルフ ゴルフウェア スポーツ ソムアクラブ 株式会社 趣味 韓国
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

メンズ・スキンケア・ブランドの「バルクオム」が5億円調達
2018年12月10日、株式会社バルクオムは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メンズ・スキンケア・ブランド「BULK HOMME」を展開しています。 累計200万本以上を出荷し、…
衛星データ解析システム開発の「スペースシフト」が5億円調達
2021年2月16日、株式会社スペースシフトは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 衛星データ解析システムの開発を行っています。 開発する新たな方式では、専門家でも判読が難しいSAR衛…
子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が2.5億円調達
2020年7月29日、ワンダーラボ株式会社は、2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思考力育成アプリ「…
オンラインAI動作解析ツール「Sportip Pro」が総合型地域スポーツ・クラブ「ヴァンフォーレスポーツクラブ」に導入
2020年10月8日、株式会社Sportipは、「Sportip Pro」が、一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブに導入されたことを発表しました。 Sportipは、オンラインAI動作解析ツール「…
創造的プログラミングアプリ「Springin’」開発の「しくみデザイン」が3億円調達
2021年7月30日、株式会社しくみデザインは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 創造的プログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」を開発しています。 文字を使うことな…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ