注目のスタートアップ

次世代型電動車椅子「TRANSELLA」(仮称)開発の「LIFEHUB」が1億円調達

company

2022年3月1日、LIFEHUB株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

次世代型電動車椅子「TRANSELLA(仮称)」を開発しています。

車椅子でありながら、歩く、立ち上がる、乗り越えるといった動作が可能な次世代モビリティです。これにより車椅子に乗ったままでもエレベーターを利用することができます。

日常生活のなかで電動車椅子として利用できるよう、一般的な電動車椅子と同様のレバー・ボタン・リモコンによる操作機能を実装する予定です。

またそれ以外にも重心移動による操作が実現できるよう開発を進めています。

立ち上がり動作については、動作時に周囲とぶつからないようレーザーによって周囲を把握したり、転倒時にユーザーの身を守るエアバッグ機能などを搭載する予定です。

2023年7月にイニシャルモデルの一般販売を始め、2024年中に量産型の市販モデルを投入する計画です。

今回の資金は、製品開発と経営基盤強化に向けた人材採用に充当される予定です。

車椅子は足などに障害を抱える人にとって日常生活に欠かせない移動手段であり、身体の一部といっても過言ではありません。

都内のほとんどの駅では、国によって定められた基準にもとづき、バリアフリー設備の整備が進み、車椅子利用者でも利用できるエレベーターが設置されています。

一方で、エレベーターは使いやすい位置に設置されているとは限らず、商業施設では奥まった場所にあり、利用者も多いせいで利用にあたって不便な面があります。

エスカレーターは使いやすい位置に設置されていることが多く混み合うことも少ないため、車椅子ユーザーでも利用するケースがあります。

しかし車椅子でのエスカレーター利用は危険があり、死者を伴う事故が発生したこともあります。

車椅子でもエスカレーターを利用できるようにする台車もありますが、介助者1名と準備が必要で、後ろを向いてエスカレーターを利用することになるため若干の恐怖を感じることとなり、普及には課題があります。

また車椅子は車体が大きく、人混みなどに配慮しながら移動しなくてはならないことも車椅子ユーザーにとって悩みのひとつとなっています。

LIFEHUBは、こういった課題を解決するため次世代の電動車椅子型モビリティの開発に取り組んでいます。

「TRANSELLA」(仮称)は、車椅子でありながら立ち上がることができ、その車輪の構造によりエスカレーターにも普通に乗ることができます。

また車体自体も自らの身体とほぼ同等であり、その場で360度旋回できるため、車椅子ユーザーの様々な煩わしさを開放します。

次世代のプロダクトの開発には、より多くの資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LIFEHUB TRANSELLA モビリティ 株式会社 次世代 資金調達 車椅子 障害者 障害者支援 電動車椅子
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

タンパク質の網羅的解析技術「プロテオミクス」を開発する「aiwell」が資金調達
2020年7月29日、aiwell株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ヒト・動物のタンパク質のデジタル画像(プロテオミクス画像)をもとに、タンパク質の変異をAIで的確に判断する「AIプ…
住宅ローン手続き専用アプリ「いえーる ダンドリ」の新機能「スピード事前審査サービス」がリリース
2020年10月21日、iYell株式会社は、「いえーる ダンドリ」に新機能「スピード事前審査サービス」をリリースしたことを発表しました。 また、住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社と連携を行い…
データ連携基盤「WorkstyleOS」など提供の「ACALL」が5億円調達
2020年6月29日、ACALL株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィスワークにおける様々なスペースへのスマートなチェックインを実現するアプリケーション群「ACALL …
ピッチ・イベント「earthkey pitch」企画・運営の「アースキー」が「電通」と事業連携 新規事業支援を強化
2021年1月12日、株式会社アースキーは、株式会社電通と事業連携を行うことを発表しました。 アースキーは、DX関連スタートアップによるピッチ・イベント「earthkey pitch」の企画・運営など…
CtoCマッチング事業向けシステム開発事業の「C2C」が3.8億円調達
2021年3月29日、C2C PTE. LTD.は、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CtoCダイレクト・マッチングに必要となる基本機能を、独自に開発したプラットフォーム…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ