注目のスタートアップ

触覚センシング技術を開発する「FingerVision」が1億円調達

company

2022年3月23日、株式会社FingerVisionは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

画像(カメラ)をベースに触覚を再現する触覚センシング技術の開発と実用化に向けた取り組みを行っています。

たとえば、この触覚技術をロボットの指先に搭載することで、ロボットが触覚を知覚できるようになり、繊細に物体を扱うような制御を実現できます。

触覚センサーでありながら、画像(カメラ)をベースとしているため、把持対象物を見る(視覚)ことも備えた、新しいコンセプトの視触覚センサーともいえます。

今回の資金は、経営・開発体制の強化に充当されます。

世界的に省人化が求められる中、自律ロボットは大きな効率化・省人化につながるものとして期待されているテクノロジーのひとつです。すでにものづくりや物流などでの活用も進み、様々なソリューションが生まれています。

一方で、触覚が搭載されたロボットはそこまで広まっていません。たしかに単純な動作であれば触覚がなくても物体を掴んだりすることは可能です。また柔らかいものであっても、あらかじめ掴む感覚をプログラミングしておけば問題のないこともあります。

しかし、自律ロボットは、多種多様なモノを扱うことを目的としています。固いものを扱う時もあれば、柔らかいものを扱う時もありますし、これまで掴んだことのないものを掴むこともあるでしょう。この時、もし触覚がなければ力加減がわからず対象の物体を壊してしまったりしてしまいます。

そのため、触覚センサーは多種多様な製品を扱うロボットの実現のために必要な技術なのです。しかし触覚センサーは繊細な仕組みが多く、また実装にコストがかかることが課題でした。

FingerVisionの触覚センシング技術は、すでに様々な場所で利用されている画像(カメラ)をベースとしており、高機能でありながら経済性に優れた実用性の高さを特徴としています。

最新技術の開発には豊富な資金が必要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FingerVision カメラ センサー センシング ロボット 技術 株式会社 画像 触覚 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

チャーター船予約プラットフォーム運営の「Portl」が資金調達 正式版も併せてリリース
2020年9月21日、株式会社Portlは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Portl(ポートル)」の正式版を9月20日にリリースしたことも併せて発表しました。 「Portl」は、船を…
「創業手帳」によるオンライン・セミナー「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」が開催 11/25
創業手帳株式会社は「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップの資金調達体験ゲーム~」を2020年11月25日(水)に開催することを発表しました。 「クラウドファンディングゲーム ~スタートアップ…
「FINOLAB」がスタートアップ向けのバックオフィス・シェアリング・サービス「SUBPOSI」を開始
2020年6月4日、株式会社FINOLABは、「SUBPOSI(サブポジ)」を開始することを発表しました。 「SUBPOSI」は、スタートアップ向けのバックオフィスのシェアリング・サービスです。 第1…
2020年最大の米IPO スノーフレイク、時価総額7兆円
米国ベンチャー企業のスノーフレイクが2020年9月16日、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)を果たしました。同社は、ビッグデータの保管・分析を手掛ける企業です。 初値は245ドルとなり、公…
共同購入型越境ECサービス運営の「douzo」が1億円調達
2021年6月23日、株式会社douzoは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本の商品を安く海外に届ける共同購入型越境ECサービス「DOUZO」を運営しています。 海外では高価で買…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ