多言語映像通訳サービス「みえる通訳」提供の「テリロジーサービスウェア」が三菱地所発のヘルスケアベンチャー「WELL ROOM」と業務提携

tips

2021年12月2日、株式会社テリロジーサービスウェアは、WELL ROOM株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。

テリロジーサービスウェアは、多言語映像通訳サービス「みえる通訳」を提供しています。また医療の専門知識を持つ人材による通訳サービス「医療通訳」をオプションとして提供しています。

WELL ROOMは、三菱地所の新事業提案制度から生まれた新しいヘルスケアサービス「WELL ROOM」を提供しています。

「WELL ROOM」は、外国人を雇用する企業向けに、外国語対応可能な健診実施医療機関の紹介や予約管理など、ヘルスケア関連のサービスを提供するものです。

今回の提携により、相互に連携しながら医療機関へのそれぞれのサービスの導入の促進や、多言語対応可能な医療機関の増加を行います。

厚生労働省は公表している外国人雇用状況のデータによると、2020年10月時点で、外国人労働者数は172万4,328人で前年比約6.5万人(4%)増加しました。

前年の増加率は13.6%だったので、増加率は大幅な減少となりましたが、これは新型コロナウイルス感染症の影響と考えられます。

外国人労働者は日本の少子高齢化に伴う人手不足の対策として重要な人材です。

しかし外国人労働者には、雇用管理や、住宅、社会保険非加入などの問題などがあります。

特に健康に関する問題は外国人労働者が抱える不安として大きなものです。

外国人労働者はコミュニケーションや手続きの問題によって社会サービスを受けられないことがあります。

そのため受入企業や送出機関は、外国人労働者に対し、社会サービスを受けられるよう支援を行うことが必要です。

このことを受け、WELL ROOMのようなサービスを提供する事業者が登場しています。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ WELL ROOM テリロジーサービスウェア ヘルスケア みえる通訳 三菱地所 医療 医療通訳 外国人 外国人労働者 多言語 株式会社 業務提携 通訳 雇用
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド型メールサービス「yaritori」提供の「Onebox」が4,000万円調達
2022年4月21日、Onebox株式会社は、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Oneboxは、クラウド型のメールサービス「yaritori」を運営しています。 メールのみ対…
3次元レーザースキャナーによる空間測量の「クモノスコーポレーション」が10億円調達
2021年7月5日、クモノスコーポレーション株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工事測量・外壁診断・建造物点検など、インフラ関連の事業を展開しています。 また、3次元(3…
垂直軸型マグナス式風力発電機を開発する「チャレナジー」が「前澤ファンド」から12億円調達
2022年9月22日、株式会社チャレナジーは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社前澤ファンドです。 チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)…
専属M&Aエージェントサービスを中小企業向けに提供する「RISONAL」を運営する「オーナーズ」が1.8億円調達
2023年1月13日、オーナーズ株式会社は、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オーナーズは、専属M&Aエージェントサービスを中小企業向けに提供する「RISONAL」を運営…
音声コミュニケーション・ツール提供の「BONX」が3.1億円調達
2020年4月27日、株式会社BONXは、総額約3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 法人向けコミュニケーション・アプリ「BONX for BUSINESS」や、ヘッドセット「B…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ