注目のスタートアップ

食用コオロギの品種改良・生産・原料加工・商品開発などの「グリラス」が2.9億円調達

company

2022年2月28日、株式会社グリラスは、総額約2億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

食用コオロギに関連する品種改良・生産・原料加工・商品開発・販売を行っています。

具体的には、食用コオロギを利用したお菓子「C. TIRA Cookie(シートリア クッキー)」・「C. TIRA Crunch(シートリア クランチ)」の自社ECでの販売や、食用コオロギの自動生産システムの開発、高効率な品種改良施設の開発などを行っています。

徳島県美馬市にある廃校(旧芝坂小学校)を生産拠点・加工拠点として整備しており、既存ファームと合わせ、2022年2月時点で年間10トン以上のコオロギパウダーを生産する体制を確立しています。

今回の資金は、生産体制の拡充や、研究開発の加速、PR・広報・マーケティング活動の推進、人材採用に充当されます。

世界的な人口の増加により、早くて2030年にはタンパク質の需要と供給のバランスが崩れ始めると予想されています。これをタンパク質危機と呼びます。

しかし、既存の畜産の仕組みは、環境負荷が高いこと、土地が足りないこと、気候変動の問題、倫理的な課題があることから大幅な拡大が困難となっています。

そのため新たなタンパク質とその生産の確立が求められ、世界中で研究開発が進んでいます。

すでに市場でも知名度が高まってきているのが大豆を原料とした植物肉です。

大手飲食店などでの導入もあり、今後も植物肉への置き換えが進んでいくと考えられます。

しかし、大豆は植物性タンパク質であり、動物性タンパク質に比べて必須アミノ酸の含有量が低い傾向にあります。

そのため代替となる動物性タンパク質として昆虫食が考えられているのです。

なかでもコオロギは飼育が簡単で、食性が雑食、食味が良いというメリットがあり、昆虫食のなかでもメジャーなものとなると考えられています。

一方で、コオロギは産業として確立されていなかったため品種改良なども進んでいません。

グリラスはコオロギを食品として社会実装するため、品種改良の推進や、生産、商品開発・販売を行っています。

研究開発系のビジネスにとって資金は研究を進めるための重要なもののひとつです。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ C. TIRA Cookie C. TIRA Crunch C. TRIA EC グリラス コオロギ シートリア タンパク質危機 フードロス 代替タンパク質 昆虫食 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「JX通信社」が提供するニュース・アプリ「NewsDigest」の「新型コロナ感染事例マップ」が強化 「第三波アラート」の提供を開始
2020年11月12日、株式会社JX通信社は、「NewsDigest」上で提供している「新型コロナ感染事例マップ」を強化し、「第三波アラート」の提供を開始したことを発表しました。 「NewsDiges…
中高卒・フリーター向け転職サイト「リバラボキャリア」と20代の未経験専門転職サイト「キャリジョブ」が提供開始
2019年8月22日、株式会社3Backsは、「リバラボキャリア」と、「キャリジョブ」を2019年8月からスタートしたことを発表しました。 「リバラボキャリア」は、中高卒・フリーターの若者のための転職…
AI開発に必要なアノテーション・プラットフォーム開発・提供の「FastLabel」が6,500万円調達
2021年3月29日、FastLabel株式会社は、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIの機械学習において必要となるタグ付きデータの作成(アノテーション)を支援するアノテー…
クラフトビール「CRAFT X」などの自社ブランドや共創型M&A事業を展開する「MOON-X」が7億円調達
2022年7月28日、MOON-X株式会社は、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先である株式会社日本M&Aセンターとは資本業務提携契約も締結しています。 MOON-Xは、自社ブラ…
海外進出を見据えるスタートアップ向けのアクセラレータプログラム「KERNEL Global Startup Camp」が始動 参加者募集〆切は10/30
株式会社ディープコアは、アクセラレータープログラム「KERNEL Global Startup Camp」を開始することを発表しました。 「KERNEL Global Startup Camp」は、海…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ