手術トレーニング用模擬臓器「VTT」開発・製造の「KOTOBUKI Medical」が8,000万円調達

company

2021年5月28日、KOTOBUKI Medical株式会社は、約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

植物由来の模擬臓器「VTT(Versatile Training Tissue)」や、手術トレーニング用の道具を開発・製造しています。

従来のシリコン・プラスチック製の模擬臓器は、電気メスや超音波凝固切開装置などのエネルギーデバイスが発生する熱によって溶けてしまうため、これらのデバイスを使用することができませんでした。

「VTT」は、こんにゃく粉を主成分としており、環境負荷が低く人体組織に近い模擬臓器であるだけでなく、エネルギーデバイスも使用できることを大きな特徴としています。

豚などの生体の代替品として、倫理・衛星・コスト面において優れており、手術トレーニング用の模擬臓器として競争力があります。

国内外において医療機器メーカーの新規デバイス開発やデモンストレーション、手術支援ロボットのトレーニング用材、医大などの教育機関で学生指導用に活用されています。

今回の資金は、「VTT」の開発・生産体制の充実に充当されます。

テクノロジーの進化により、医療の現場では手術支援ロボットなど、新たな道具が登場しており、手術の手法も変化しています。

この変化に対応するため、手術のトレーニングは欠かすことができず、手術トレーニング用の製品の需要が高まっています。

VRでの手術トレーニングも活用されていますが、感触などのフィードバックはまだ現実には劣るため、リアルな物体を利用した手術トレーニングの需要はまだまだ存在するといえるでしょう。

世界的なSDGsの取り組みにより、環境負荷の低い素材やそれを利用した製品のニーズが高まっています。「VTT」のように新素材ではなくともユニークな製品を開発することができますが、それでも研究開発に資金が必要であることは変わりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KOTOBUKI Medical Versatile Training Tissue VTT トレーニング 医療機器 手術 支援 株式会社 植物由来 模擬臓器 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「トレタ」が分析サービス「外食データクラウド」の提供をスタート
2019年7月8日、株式会社トレタは、「外食データクラウド」を2019年7月8日から提供スタートすることを発表しました。 「外食データクラウド」は、飲食店における予約行動や喫食行動のデータ分析を効率的…
肝疾患治療用細胞シートの実用化を目指す「カノンキュア」がサイバニスク技術の「サイバーダイングループ」と資本業務提携
2021年8月5日、カノンキュア株式会社は、CYBERDYNE株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、CYBERDYNEの子会社であるCEJキャピタル株式会社が運用するサイバ…
デジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が出資・支援先のスタートアップの公募を開始
2020年3月25日、株式会社Sun Asteriskは、シード〜アーリー・ステージを対象としたスタートアップの募集を開始したことを発表しました。 Sun Asteriskは、2020年3月現在、国内…
アパレルの定額制・組み合わせ自由の購入体験型サービス「WAGOON」が台湾で本格始動
2020年9月23日、株式会社WAGOONは、「WAGOON」のWebサービスを本格ローンチしたことを発表しました。 「WAGOON」は、台湾台北市で展開されている、アパレルの定額制・組み合わせ自由の…
サブスク向けのAIを用いたLTV/解約率改善ツール提供の「KiZUKAI」が8,000万円調達
2020年7月13日、株式会社KiZUKAIは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブスクリプション・サービス向けの、LTV/解約率を改善するためのツール「KiZUKAI」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ