注目のスタートアップ

飲食店向け店内モバイルオーダーやAI自動受付などにより飲食店のDXを推進する「トレタ」が20.3億円調達

company

2022年2月16日、株式会社トレタは、総額20億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」、自社サイト向けテイクアウト受付ツール「トレタ テイクアウト」、店内モバイルオーダー「トレタO/X」、飲食店の電話予約をAIで自動受付する「トレタ予約番」、飲食店の公式サイトからの予約を最大化する「トレタB/X」など、飲食店のあらゆる業務を効率化するためのサービスを開発・提供しています。

今回の資金は、プロダクトの開発推進や、人材の強化などに充当されます。

飲食業界はコロナ以前から人手不足に苦しんでいました。

また、競争が激しい業界でもあり、低価格でありながら質のいい商品を提供しなくては生き残っていくことができません。

価格を抑えるためには人件費などを削るしかなく、そのせいでブラック体質になってしまう企業も多くありました。

さらに新型コロナウイルス感染症の流行により飲食業界は大きな打撃を受けました。

これにより幸か不幸か効率化・生産性向上への取り組みが必要となり、現在では様々なツールやサービスが提供されています。

飲食店のデジタル化では、これまで電話で受け付けていた予約をWebサイトやグルメサイトからの予約に切り替えたり、電話受付を自動化したりするもの、店内の注文をタブレットやスマートフォンで行えるようにするものなどがわかりやすいものでしょう。

またデータについても、売上向上や、来店(需要)予測、新商品の開発などにおいて活用されています。

他にも、コロナ禍によって非接触・非対面のサービスの提供が必要となったため、ロボットによって注文・配膳を行う取り組みなど、最先端の技術を活用する例もあります。

業界に大きな変化をもたらすサービスが登場する可能性もあるため、注目が必要です。

株式会社トレタのコメント

このニュースを受けまして、株式会社トレタよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

外食DXに貢献するプロダクトの開発推進と、エンジニアを中心とした人材採用です。

・今後の展望を教えてください。

飲食店経営の効率化や生産性向上に寄与すべく、テクノロジーの面で飲食店の皆様のお力になれるよう尽力してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

コロナ禍で思うように外食ができない日々が続いておりますが、このコロナ禍で、日本の豊かな外食文化の価値を改めて認識された方も多いかと思います。
 
アフターコロナ、ウィズコロナにおいて、安心して、積極的に外食が楽しめるよう外食体験が向上するプロダクトを提供してまいります。

累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食に特化した別冊「飲食開業手帳」」では、出店に関するノウハウや、資金繰りの改善方法、スタッフの採用・教育など、飲食店の開業に必要なノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI DX テイクアウト トレタ 予約 効率化 株式会社 資金調達 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フードシェアリングサービス「TABETE」の運営元が資金調達
平成30年8月10日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Social Entrepreneur2投資事業有限責任組合、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、S…
顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」がノーコード・データベース・サービス「Airtable」とAPI連携開始
2021年3月24日、株式会社KIYONOは提供する「MAGNET CDP」において、Airtableが提供する「Airtable」とのAPI連携を2021年4月から開始することを発表しました。 KI…
心電図から心の状況を可視化するサービス「kokoromil」を提供する「ココロミル」が3,100万円調達
2022年3月24日、株式会社ココロミルは、総額3,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ココロミルは、心電計を使用してストレス状態を可視化するサービス「kokoromil」を開発・提供…
「カシワバラ・コーポレーション」が「DRONE PILOT AGENCY」と資本・業務提携へ
2019年8月28日、株式会社カシワバラ・コーポレーションは、DRONE PILOT AGENCY株式会社と、資本・業務提携を行う方向で合意したことを発表しました。 カシワバラ・コーポレーションは、“…
小売業界のDXを推進する「フェズ」が6.3億円調達
2020年8月25日、株式会社フェズは、総額約6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 店舗での売上が本質的に上がるビジネス・モデルの構築や、データ分析からアクションの提示、アクショ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ