注目のスタートアップ

飲食店向け店内モバイルオーダーやAI自動受付などにより飲食店のDXを推進する「トレタ」が20.3億円調達

company

2022年2月16日、株式会社トレタは、総額20億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」、自社サイト向けテイクアウト受付ツール「トレタ テイクアウト」、店内モバイルオーダー「トレタO/X」、飲食店の電話予約をAIで自動受付する「トレタ予約番」、飲食店の公式サイトからの予約を最大化する「トレタB/X」など、飲食店のあらゆる業務を効率化するためのサービスを開発・提供しています。

今回の資金は、プロダクトの開発推進や、人材の強化などに充当されます。

飲食業界はコロナ以前から人手不足に苦しんでいました。

また、競争が激しい業界でもあり、低価格でありながら質のいい商品を提供しなくては生き残っていくことができません。

価格を抑えるためには人件費などを削るしかなく、そのせいでブラック体質になってしまう企業も多くありました。

さらに新型コロナウイルス感染症の流行により飲食業界は大きな打撃を受けました。

これにより幸か不幸か効率化・生産性向上への取り組みが必要となり、現在では様々なツールやサービスが提供されています。

飲食店のデジタル化では、これまで電話で受け付けていた予約をWebサイトやグルメサイトからの予約に切り替えたり、電話受付を自動化したりするもの、店内の注文をタブレットやスマートフォンで行えるようにするものなどがわかりやすいものでしょう。

またデータについても、売上向上や、来店(需要)予測、新商品の開発などにおいて活用されています。

他にも、コロナ禍によって非接触・非対面のサービスの提供が必要となったため、ロボットによって注文・配膳を行う取り組みなど、最先端の技術を活用する例もあります。

業界に大きな変化をもたらすサービスが登場する可能性もあるため、注目が必要です。

株式会社トレタのコメント

このニュースを受けまして、株式会社トレタよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

外食DXに貢献するプロダクトの開発推進と、エンジニアを中心とした人材採用です。

・今後の展望を教えてください。

飲食店経営の効率化や生産性向上に寄与すべく、テクノロジーの面で飲食店の皆様のお力になれるよう尽力してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

コロナ禍で思うように外食ができない日々が続いておりますが、このコロナ禍で、日本の豊かな外食文化の価値を改めて認識された方も多いかと思います。
 
アフターコロナ、ウィズコロナにおいて、安心して、積極的に外食が楽しめるよう外食体験が向上するプロダクトを提供してまいります。

累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食に特化した別冊「飲食開業手帳」」では、出店に関するノウハウや、資金繰りの改善方法、スタッフの採用・教育など、飲食店の開業に必要なノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI DX テイクアウト トレタ 予約 効率化 株式会社 資金調達 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

三次元形状処理エンジンを活用した産業用ロボットの自律化を展開する「リンクウィズ」が3,000万円調達
2023年4月6日、リンクウィズ株式会社は、3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リンクウィズは、産業用ロボットのティーチングプログラム補正ソリューション「L-ROBOT」、インライ…
ビルオーナーと移転企業のマッチングプラットフォーム「SERECT」を開発する「Lexi」が2,000万円調達
2022年10月20日、株式会社Lexiは、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Lexiは、ビルオーナーと移転企業のマッチングプラットフォーム「SERECT」を開発・提供しています…
足のモーションセンサーを開発・販売する「ORPHE」が「ロート製薬」から資金調達
2023年3月31日、株式会社ORPHEは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ロート製薬株式会社です。 また、株式会社アシックス、医療法人社団青泉会下北沢病院を含めた4者にて、歩容デー…
暗号資産取引所「CoinTrade」 ステーキングサービス「CoinTradeStake」を7/14から開始
2022年7月4日、株式会社マーキュリーは、新サービス「CoinTradeStake(コイントレードステーク)」を2022年7月14日に開始することを発表しました。 マーキュリーは、暗号資産取引所「C…
ものづくりの価値向上を目的に「在庫戦略モデル」の実用化に挑戦する「FACTORY X」が4,000万円調達
2023年4月26日、株式会社FACTORY Xは、4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ANRIです。 FACTORY Xは、事業方針や製造工程の生産性・収益性を考慮し、…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】