「Non Brokers」が仲介手数料無料で家を購入できる不動産購入プラットフォーム「チョク買い」をローンチ

tips

2022年2月10日、Non Brokers株式会社は、「チョク買い」をローンチしたことを発表しました。

「チョク買い」は、仲介⼿数料無料で家を購⼊できる不動産購入プラットフォームです。

全国の不動産会社が保有する物件・土地を直接購入するため、仲介手数料が無料となります。

また不動産会社からリフォームやリノベーションのこだわりについて細かく聞くことができるのも特徴となっています。

その他にも、希望条件を登録することで新着物件をレコメンドする「チョク買いロボ通知」により物件探しを支援しています。

Non Brokersは他に、不動産売却プラットフォーム「いえうり」を運営し、売主と最適な不動産会社のマッチングを支援しています。

物件探しでは不動産ポータルサイトを利用することがもはや普通となりました。

スマートフォンひとつで全国の物件が閲覧できるため、空いた時間に自分の求める物件を探すことができます。

また近年は仲介手数料を削減したいという消費者のニーズもあり、たとえば中古住宅の売買においては、売主と買主を直接マッチングするサイト/サービスも登場しています。

他にも不動産物件としては、不動産会社が保有する⾃社売主物件というものがあります。

不動産会社が中古住宅を購入しリフォームやリノベーションを行って再販するという物件です。

こういった不動産会社が保有する物件についても仲介を挟むことが一般的だったのですが、手数料が無料となる直接の売買を望む消費者が多くなったことで、不動産会社が直接取り扱うことも増えてきました。

不動産仲介としても、こういった時代の流れや仲介手数料の低下もあり、仲介業ではなく自社で直接物件を取り扱う方向にシフトしている企業も出てきています。

しかし⾃社物件を売却するにあたってポータルサイトはデメリットも多くあります。

たとえば細やかな情報を掲載できないこと、多数の物件情報に埋もれてしまって買主に見つけてもらいにくくなることなどがデメリットといえます。

Non Brokersは、こういった時代の流れを見据え、また不動産会社・消費者双方の課題を解決するため、不動産の売却と購入が連携したプラットフォームを構築し、不動産売買における新たなエコシステムの実現を目指しています。

Non Brokers株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Non Brokers株式会社よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

やはり、不動産会社から直接買えることで仲介手数料が無料になることです。

また、リフォーム住宅は人気の物件であれば、売出し開始から1週間以内に買付が入ることも多いため、チョク買いロボ(新着通知)をご利用いただき、早期に良質の物件に出会えることもメリットです。

・今後の展望を教えてください。

2023年、登録買主候補数2万人、成約数は1,000件/年を目指しています。
不動産売却プラットフォーム「いえうり」と、新サービス「チョク買い」の相乗効果で、不動産売買エコシステムの実現を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

不動産購入は、ご自身で探される方も増加していると思います。

チョク買いはまだリリースしたばかりのサービスで物件数が多いとは言えませんが、多数の不動産会社ネットワークは保持しており、前向きに提携を進めていますので、チョク買いロボへのご登録をいただければ、良質の不動産に出会えるチャンスは確実に向上します。

不動産はご縁です。チョク買いは良縁をお繋ぎできる仕組みですので、引き続きチェックしていただければ嬉しいです。

起業にはオフィスが必要となります。しかし初めての起業の場合、どのようなオフィスを選べばいいのかわからないこともあるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期におすすめするオフィスの形態について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ いえうり チョク買い マッチング リノベーション 不動産 不動産仲介業 中古住宅 仲介 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建築建材の総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」提供の「丸紅アークログ」が6.9億円調達
2021年11月8日、丸紅アークログ株式会社は、総額6億9,930万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建築建材総合検索プラットフォーム「Arch-LOG(アークログ)」を提供しています。 約…
オンラインスペース「corom」提供の「workeasy」が5,000万円調達
2021年12月15日、workeasy株式会社は、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コミュニティアプリ「corom(旧workle)」を開発・提供しています。 気軽に音声でのコ…
「OKAN」が離職率を改善するサービス「ハイジ」をリリース
2019年7月17日、株式会社OKANは、「ハイジ」を2019年7月17日にリリースすることを発表しました。 「ハイジ」は、離職の約8割の理由となっている “ハイジーン・ファクター”(衛生要因)に特化…
カフェで外国人講師と語学レッスンの「フラミンゴ」が1.7億円調達
平成29年11月30日、株式会社フラミンゴは、総額1億7000万円の資金調達を実施することを発表しました。 街中のカフェで外国人と語学レッスンを受けられるサービス「フラミンゴ」を提供しています。 スマ…
家具のサブスクリプションサービスを展開する「ソーシャルインテリア」(旧社名:subsclife)が22億円調達
2022年3月18日、株式会社ソーシャルインテリアは、総額約22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・家電のサブスクリプションサービス「サブスクライフ(subsclife)」、家具のオフ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ