注目のスタートアップ

販売・請求管理SaaS「Scalebase」提供の「アルプ」が12.5億円調達

company

2022年2月9日、アルプ株式会社は、総額12億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SaaSやサブスクリプションビジネスに特化した販売・請求管理SaaS「Scalebase」を開発・提供しています。

顧客ごとに異なる契約条件を柔軟に設定できるため、複雑化しやすい請求業務を正しくスムーズに行うことができます。

MRRやチャーンレートなどの重要指標もすばやく可視化し、販売戦略の意思決定と実行を支援します。

今回の資金は、「Scalebase」のさらなる開発や、人材採用、組織体制の強化に充当されます。

月額料金でサービス・プロダクトの利用権を提供するビジネスモデルであるサブスクリプションサービスは、様々な領域に広がりをみせています。

動画配信や音楽配信などが注目を集めていた頃から、今ではお菓子や、家具、オーディオ機器などのサービスも登場しています。

サブスクリプション型のビジネスには、継続的に売上を得られる、新規導入の障壁を下げられる、利用データが得られるなどのメリットがあります。

収益率を向上させるためには、顧客の離脱を防止することが重要です。

そのためには顧客の要望に応え、スピーディな開発サイクルを回していく必要があります。

また、サブスクビジネスの運営では、顧客ごとに利用料・利用時間を把握し、請求や決済を行える仕組みが必要です。

複雑な業務となるため、Excelなどで行っていては非常に負担となってしまいます。

アルプは「Scalebase」の提供を通じ、サブスクサービスの運営業務の効率化を支援しています。

業務効率を向上してくれるツールは、リソースの足りない創業期において大きな力となってくれます。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備や、システム活用のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaaS Scalebase アルプ サブスクリプション 株式会社 管理 請求 販売 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「HOLDER」が5,000万円調達 1日オフィス予約サービス「SPOT」をリリース
2022年9月30日、HOLDER株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「SPOT」をリリースしたこと、100%出資子会社の不動産関連会社であるHOLDERマー…
Slack用同時翻訳チャット・ボット「Kiara」提供の「ジェニオ」が6,000万円調達
2020年8月18日、株式会社ジェニオは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 グループ・チャット・ツール「Slack」の提携アプリ「Kiara(キアラ)」を提供しています。 「…
再生可能エネルギーの導入・ 調達コンサルティングなどの「クリーンエナジーコネクト」が9.4億円調達
2021年12月13日、株式会社クリーンエナジーコネクトは、総額9億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 再生可能エネルギーの導入・調達コンサルティング事業や、新規非FIT再エネ発電…
Webマーケティングプラットフォーム「dejam」を運営する「LeanGo」が資金調達
2022年11月1日、株式会社LeanGoは、資金調達を実施したことを発表しました。 LeanGoは、WebマーケティングのPDCAを高速化するためのプラットフォーム「dejam(デジャム)」を運営し…
小規模分散型水循環システムを開発する「WOTA」 「渡辺パイプ」による出資が決定
2022年7月27日、WOTA株式会社は、渡辺パイプ株式会社から出資を受けることが決定したことを発表しました。 WOTAは、持ち運べる水再生プラント「WOTA BOX」・水循環型手洗いスタンド「WOS…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ