家族の自然な日常を動画で残す「きづなFilm」プロジェクトがスタート

tips

2022年1月31日、株式会社ai moveは、「きづなFilm」プロジェクトをスタートしたことを発表しました。

「きづなFilm」は、家族の自然な姿とメッセージを映像に残し、将来親から子にプレゼントする動画の撮影を行うサービスです。

クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げ、目標金額(50万円)に対し129%の支援を受け、新規事業としてスタートしました。

すでに5組の撮影を行っており、2022年2月から関西エリアを中心に毎月3組限定での撮影を実施していく予定です。

ai moveは他に、各種動画の撮影・制作事業や、ドローン空撮事業などを展開しています。

過去の大切な記録を動画として上演するメモリアルムービーは、結婚式などで観たことがある方も多いことでしょう。

小型ビデオカメラが普及したことで、家庭・企業でも自分たちで動画を撮影できるようになり、それに伴って増えてきたコンテンツです。

スマートフォンが普及したことによってさらに動画撮影は容易になり、今では過去では考えられないほどの動画が個人によって撮影・蓄積されています。

しかしそれでもプロの手による撮影のニーズがなくならないのは、個人の撮影ではクオリティに劣ること、編集に手間がかかること、動画を見返すタイミングがないことなどが理由であると考えられます。

むしろ自分たちで動画を撮影するという機会が増えたからこそ、大切なシーン・記憶はプロに撮ってもらいたいというニーズが高まっているともいえるかもしれません。

また、スマートフォンの買い替えなどによって保存していた写真・動画を失ってしまったという人も多く、そういった人びとの課題を解決するため、撮った写真を物理的なアルバムやフォトブックにして送付するサブスクリプションサービスなども登場しています。

株式会社ai moveのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ai move よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

単にお子さまや家族の記録として残すのではなく、10年、20年と経った時に、見返すことで、家族の愛情や支え、今までの人生や成長を振り返ることができ、これからの人生に希望を持つことができることです。

1番身近な信頼できる仲間でもある家族との絆を再認識することで、大人になるにつれて生じる悩みや不安を乗り越えることができることです。

・今後の展望を教えてください。

映像を未来に残すという習慣を全国に広め、多くの人が自分らしく生きていける世の中にしたいです。

・読者へのメッセージをお願いします。

未来に向けたプロジェクトは、効果をすぐに得ることが出来ず不安になることもありますが、自身の想いと、お客さまへ対する想いを大切に、プロジェクトの存在意義を信じて進めていきたいと思っています。

動画はテキストや静止画よりも圧倒的な情報量を誇ります。視聴した者に短時間で多くの情報を与えられるため、Webマーケティングにおいても積極的に利用されています。累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ai move きづなFilm ギフト メッセージ メモリアル・ムービー 動画 家族 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

10分で食料品・日用品を届けるクイックコマースを展開する「OniGO」が「博報堂」と資本業務提携
2022年8月19日、OniGO株式会社は、株式会社博報堂と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 OniGOは、10分で食料品や日用品を届ける宅配スーパー「OniGO」を運営しています。 …
クラブを3Dスキャンしてメタバース化する「DiscoverFeed」 7/23からサービス開始
2022年6月17日、DiscoverFeed株式会社は、「DiscoverFeed」のサービスを2022年7月23日から本格的に開始することを発表しました。 また、韓国の、Nubreed Enter…
「CARCH」が料理の注文から提供までの待ち時間がなくなるモバイル・オーダー・アプリ「SmartDish」をリリース
2020年9月1日、株式会社CARCHは、2020年9月1日から「SmartDish」のサービス提供を開始したことを発表しました。 「SmartDish」は、外食における注文から提供までの待ち時間がな…
「FIREBUG」と「テスティー」による共同開発のYouTubeタイアップ動画に特化した「ブランドリフト調査パッケージ」が提供開始
2020年12月7日、株式会社FIREBUGは、株式会社テスティーと共同で、「ブランドリフト調査パッケージ」の提供を開始することを発表しました。 「ブランドリフト調査パッケージ」は、YouTubeタイ…
整形外科・接骨院・整体向けCRMツール提供の「リハサク」が1.1億円調達
2019年12月23日、株式会社リハサクは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 整形外科・接骨院・整体向けのCRMクラウド・サービス「リハサク」を提供しています。 運動指導…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ