注目のスタートアップ

リアルタイム共同編集が可能なゲーム制作サービス「キリンジー」を開発する「Killinzy」が2,000万円調達

company

2022年11月1日、株式会社Killinzyは、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Killinzyは、ゲーム制作サービス「キリンジー」を開発しています。

プログラミングスキルに依存しないユーザーインターフェースを特徴とした独自開発のゲームエンジン「キリンエンジン」をベースとしていること、既存のゲームエンジンでは難しいリアルタイム共同編集を実現していること、「キリンジー」で制作したゲームを公開しユーザーが自由にプレイできるプラットフォーム/コミュニティの構築を目指していることを特徴としています。

リアルタイム共同編集は、バーチャル空間に複数のクリエイター(プレイヤー)がアクセスし、その空間上で同時に作業(オブジェクトの配置、動作の設定など)ができるというものです。

今回の資金は、本リリースに向けたプロダクト開発に充当します。

ビデオゲームの開発では、ゲームエンジンと呼ばれる、ゲームに必要となる主要な処理(3D描画処理、物理演算、衝突判定)などをあらかじめ組み込んだソフトウェアが利用されることが一般的です。

このゲームエンジンを利用することで汎用的な動作・処理に関するプログラミングが不要となり、浮いた時間をコンテンツのクオリティアップに充てることが可能となります。

また、主要なゲームエンジン(Unityなど)は、ベースとなるシステムだけでなく、ゲームを開発するための開発環境(エディタなど)も提供しており、ゲームクリエイターにとって重要なツールのひとつとなっています。

Killinzyが開発する「キリンジー」「キリンエンジン」は、こうしたゲーム開発環境/ゲームエンジンです。

特徴は、バーチャル空間(いわゆるメタバース)内で直接ゲーム制作ができる点と、複数人で同時に制作(リアルタイム共同編集)が可能な点です。

通常のゲーム制作でクリエイターが触れるのは、Unityなどのエディターや、プログラミングするテキストエディター、3DCGツールなどです。

しかし「キリンジー」は、バーチャル空間にプレイヤーとしてアクセスし、そのプレイヤーを介してゲーム制作ができます。つまり、ゲーム制作ができるゲームというイメージです。

ゲームを遊ぶようにゲーム制作ができる環境があれば、小学生などの子どもでも、自らの能力を十分に発揮したゲーム制作が可能になるかもしれません。

事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Killinzy エンジン エンターテインメント キリンエンジン キリンジー ゲーム ゲームエンジン ゲーム制作サービス バーチャル空間 ビデオゲーム プログラミング メタバース リアルタイム リアルタイム共同編集 制作 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Mediplat」が「講談社」に寄稿する漫画家に対し「first call」のオンライン医療相談サービスを提供開始
2021年5月12日、メドピア株式会社の連結子会社である株式会社Mediplatは、株式会社講談社が発行する出版物やWebメディアに寄稿する漫画家に対し、「first call」の「オンライン医療相談…
スマホ向けバッテリー・スタンド運営の「INFORICH」が30億円調達
2019年12月26日、株式会社INFORICHは、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマホ充電器のシェアリング・サービス「ChargeSPOT」を運営しています。 駅・関連施設や…
独立系VC「ANOBAKA」が戦略子会社「ANOBAKA Human Capital」を設立 出向型留学サービス「CROSS WORK」を開始
2021年7月6日、株式会社ANOBAKAは、戦略子会社である株式会社ANOBAKA Human Capitalを設立し、第1弾サービスとして「CROSS WORK」を開始したことを発表しました。 A…
保育園給食向けトータルサポートサービス「baby’s fun!」運営の「sketchbook」が資金調達
2022年12月1日、株式会社sketchbookは、資金調達を実施したことを発表しました。 sketchbookは、保育園給食向けトータルサポートサービス「baby’s fun!(ベビーズファン)」…
顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が10億円調達
2022年5月31日、株式会社インゲージは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 インゲージは、顧客対応クラウド「Re:lation(リレーション)」、社内外のメールを集約するメール共…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ