注目のスタートアップ

空港とその周辺都市をドアツードアで結ぶ「エアポートシャトル」などを展開する「NearMe」が4.9億円調達

company

2024年6月13日、株式会社NearMeは、総額約4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

NearMeは、AIによるルート最適化により、出発地から目的地までの移動をドアツードアで結ぶタクシーのシェアサービス「NearMe」を展開しています。

空港とその周辺の都市部を結ぶ空港送迎型の「エアポートシャトル」や、ゴルフ場と自宅や宿泊場所をつなぐ「ゴルフシャトル」、通勤する人向けのドアツードアの送迎サービス「通勤シャトル」などを提供しています。

「エアポートシャトル」は、2019年8月にサービスを開始し、これまで延べ70万人に利用されています。2024年6月現在、全国16の空港(羽田空港、成田空港、伊丹空港、関西空港、新千歳空港、中部国際空港、福岡空港、那覇空港、旭川空港、帯広空港、青森空港、仙台空港、静岡空港、南紀白浜空港、徳島空港、北九州空港)とその周辺都市で利用することができます。

また、スタジアム周辺の渋滞によるCO2排出や排気ガスによる環境問題や交通事故などの課題解決を目指した「スタジアムシェアタクシー」や、秋田県美郷町の観光二次交通の課題解消を目指した「ミズモシャトル」など、地域の交通課題解消を目指した実証事業も展開しています。

今回の資金は、「エアポートシャトル」を中心としたマーケティングの強化に充当します。


日本社会において交通インフラとして定着しているタクシーは、自宅やホテルなどの宿泊場所から目的地まで動くことなく移動できるドアツードアという特徴を持った交通サービスです。

タクシーは電車やバスなどの公共交通機関に比べて費用がかかりますが、重い荷物を運ぶ必要がある場合や、公共交通機関がない場所に向かう場合、怪我などで歩行が難しい場合などに利用されています。

一方、このタクシー業界はドライバー不足が深刻化しており、2025年には約8万人の不足が予測されています。

こうした状況下で、政府はドライバー不足を解消するため、2024年4月から一部地域や時間帯で、ライドシェア制度の導入を開始しました。

このライドシェアは、タクシー会社が運行管理を行うことを条件に、タクシーが不足している地域・時間帯に限定して一般ドライバーが有償で顧客を乗せて運ぶことが可能となるというものです。つまり「量」的にドライバー不足を解消しようとする取り組みといえます。

一方で、NearMeは、タクシーが一度の輸送で定員である4人を乗せることが少なく、空間的な損失が発生していることに着目し、独自のAIを活用して運行の効率化と相乗りによる輸送効率最大化を図り、「質」の観点から移動の課題解決を目指しています。

ビジネスを成長させるには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB MaaS NearMe エアポートシャトル ゴルフシャトル シェア シェア乗り シャトル スマートシャトル タクシー ドアツードア モビリティ 交通 交通インフラ 株式会社 移動 空港 資金調達 送迎 都市
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

皮膚科学研究とスキンケア・アイテム提供の「ナノエッグ」が2.2億円調達
2019年10月16日、株式会社ナノエッグは、2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、香港を拠点に活動する李嘉誠氏傘下の投資会社Horizons Venturesです。 …
国産農産物の輸出や品種保護事業を展開する「日本農業」が8億円調達
2019年11月26日、株式会社日本農業は、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 現在、タイ、インドネシア、フィリピン、香港、台湾を中心とした東南アジア諸国に、主にリンゴを輸出していま…
「納骨堂化アプリ」や「オンライン参拝アプリ」などを手がける「goenn」が「ビューティ花壇」と資本業務提携
2023年7月20日、株式会社goennは、株式会社ビューティ花壇と資本業務提携したことを発表しました。 goennは、葬儀後の故人と関係のある人びとをつなぐ新たな参拝サービスなどについてインターネッ…
日本の映像コンテンツの世界流通を手がける「REMOW」が1億円調達
2023年1月27日、REMOW株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社MBSメディアホールディングス、株式会社TBSホールディングスです。 REMOWは、日…
調剤薬局向け次世代電子薬歴システム提供の「カケハシ」が資金調達
2019年12月18日、株式会社カケハシは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、PHC株式会社です。 調剤薬局向けの次世代電子薬歴システム「Musubi」を提供する、医療系スタートアップ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】