「ケータバンク」が初期投資10万円でキッチンカーを開業できる「CBリースde開業サービス」をリリース

tips

2022年1月27日、ケータバンク株式会社は、「CBリースde開業サービス」をリリースしたことを発表しました。

「CBリースde開業サービス」は、10万円の初期投資と月額費用でキッチンカーを開業できるサービスです。

初期費用10万円に、12カ月契約の場合は月額8万円、6カ月契約の場合は月額9万円でキッチンカーを借りて利用できるサービスです。

また、無料の開業講座や、開業後の各種申請手続きなどのサポートも提供します。

キッチンカー(フードトラック)は出店コストが低いことや、場所を移動できることなどのメリットから、数年ほど前からオフィス街などでよく見かけるようになりました。

新型コロナウイルス感染症の流行により人の流れが変わったため、販売場所を移動できるキッチンカーはさらに注目を集めています。

コストについては、キッチンカーの開業資金は平均350万円程度と言われており、一般的な飲食店の開業資金の平均1,000万円程度と比べると圧倒的に低くなっています。

とはいえ350万円という資金も決して安いわけではないため、資金の問題でキッチンカーの開業を断念してしまう人も多数存在しています。

そんなキッチンカー事業でもっともコストがかかるのが、キッチンカー(自動車)そのものです。

キッチンカーを用意するには、キッチンカーとして改造されたものを購入するか、トラックなどを自分でキッチンカーへと改造するか、もしくはレンタル(リース)するかという手が考えられます。

レンタルがもっともリスクなくコストを抑えて始められる方法ではありますが、それでも短期レンタルで1日3~10万円、長期契約で月額30万円と、高いランニングコストがかかってしまいます。

こういったキッチンカー事業の参入に関する課題を解決するため、「CBリースde開業サービス」は、初期費用10万円・月額8万円という低価格を実現し、キッチンカー事業に参入する人を支援しています。

他にも、キッチンカー事業には、大手食品企業がプラットフォーム事業で参入することなどもあり、今後の盛り上がりが期待されています。

またキッチンカーはスペースを貸す側も必要であるため、遊休スペースとキッチンカーのマッチングプラットフォームなども登場しています。

周辺領域ビジネスがまだまだ眠っている可能性があるため、今後ユニークなビジネスが登場するかもしれません。

累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食に特化した別冊「飲食開業手帳」」では、出店に関するノウハウや、資金繰りの改善方法、スタッフの採用・教育など、飲食店の開業に必要なノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CBリースde開業サービス キッチンカー ケータバンク フードトラック リース 株式会社 開業 飲食 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

植物肉「Green Meat」提供の「グリーンカルチャー」が2.5億円調達
2021年7月1日、グリーンカルチャー株式会社は、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 外食事業社向け植物肉「Green Meat」を提供しています。 プラントベース製品の通…
バーチャル空間「oVice」提供の「oVice」が「Zoom Video Communications」と業務提携
2021年11月29日、oVice株式会社は、Zoom Video Communications, Inc.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 oViceは、バーチャル空間「oVice(オヴ…
入退室管理システム「Akerun入退室管理システム」提供の「Photosynth」が17.5億円調達
2021年7月7日、株式会社Photosynthは、総額17億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートロックを活用した入退室管理システム「入退室管理システム」を提供しています。…
プライバシーマークの新規所得・更新を請け負う「Pマーク・リモート完結取得プラン」サービス提供開始
2020年6月8日、株式会社ユーピーエフは、「Pマーク・リモート完結取得プラン」の提供を開始したことを発表しました。 「Pマーク・リモート完結取得プラン」は、遠隔サポートのみでプライバシーマーク認証の…
「アドレス」が「ANA」と連携し航空券サブスクリプション・サービスの実証実験を開始
株式会社アドレスは、ANAホールディングス株式会社と連携し、航空券のサブスクリプション・サービスの実証実験を開始することを発表しました。 アドレスは、月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフ・プラッ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ