注目のスタートアップ

フードロスを活用したコオロギ生産などの「エコロギー」が資金調達

company

2021年12月27日、株式会社エコロギーは、資金調達を実施したことを発表しました。

フードロスを活用したコオロギの生産や、マルマタしょう油合資会社と共同でのコオロギ味噌/醤油の開発・提供、コオロギ粉末95%の爬虫類用の人工飼料「レオバイト」の開発・提供など、コオロギ関連ビジネスを展開しています。

コオロギ生産では、カンボジアなどの新興国の地方にある現地農家に生産を委託する分散型生産モデルを採用しています。

低所得農家の複業として始めやすいモデルを構築し、工場生産モデルと比べて環境コストを低く抑えることと、新興国の農家への複業の提供を両立しています。

今回の資金は、グローバルの昆虫原料の市場への参入の本格化のための、マーケティング・販促活動の加速に充当されます。

世界的な人口増大により、早くて2030年にはタンパク質の需要と供給のバランスが崩れ始めると予測されています。

この危機をタンパク質危機と呼びます。世界では畜産の倫理性と環境問題が取り沙汰されており、新たなタンパク質の開発・提供が進んでいます。

新たなタンパク質としては、大豆・昆虫食・藻類などが考えられています。

特に昆虫においてはコオロギが生産が容易であり食味もよいことから、昆虫食として有力なものとして開発が続けられています。

コオロギは雑食であるため、廃棄される食品などを飼料とすることができ、フードロス削減のためにも活用することができます。

エコロギーは、食品・菓子製造向上の廃棄物や、農家から出る廃棄物、ビール工場の醸造残滓といったものを飼料として活用し、環境に優しい生産を実現しています。

すでに大豆を利用した植物肉は市場に投入され、上場・黒字化を果たしたスタートアップもあります。

日本でも大型の資金調達に成功しているスタートアップがあり、代替タンパク質は非常に注目されている市場です。

株式会社エコロギーのコメント

このニュースをうけまして、株式会社エコロギーからコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

グローバルの昆虫原料市場への参入を本格化するべく、マーケティング・販促活動を加速させ、エコロギーのブランド認知向上と販売拡大のためです。

・今後の展望を教えください。

自然由来の高タンパク質源であるコオロギを月数トン規模で販売し、サステナブルな資源循環社会の創出を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

事業拡大のためにインターン・社会人プロボノを募集しております。社会課題解決に貢献したい方、ソーシャルビジネスに関心のある方などご興味のある方はお気軽にご連絡下さい。

SDGsは大きなビジネスチャンスとなり得ます。世界に先んじて革新的なプロダクトを開発できれば、大きなシェアを獲得できるでしょう。そのためには開発やマーケティングのために豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ カンボジア コオロギ タンパク質危機 フードロス 新興国 昆虫食 株式会社 生産 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

独自開発IoTデバイスを活用したOMOマーケティングなど展開の「アドインテ」が21.25億円調達
2020年6月8日、株式会社アドインテは、総額21億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発したIoT端末「AIBeacon」を活用したOMOマーケティングや、リテール・メディ…
行政サービス情報を標準化する「ユニバーサルメニュー」を活用したサービスを提供する「アスコエパートナーズ」が資金調達
2020年7月28日、株式会社アスコエパートナーズは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先である株式会社電算システムとは業務提携契約も締結しています。 国・自治体行政サービス情報をわか…
少量データでもリアルタイム学習「QuantumCore」が1.6億円調達
株式会社QuantumCoreは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 学習時の計算に必要なデータ量や計算力を著しく節約することができる、独自のリザーバ・コンピューティング…
チャーター船予約プラットフォーム運営の「Portl」が資金調達 正式版も併せてリリース
2020年9月21日、株式会社Portlは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Portl(ポートル)」の正式版を9月20日にリリースしたことも併せて発表しました。 「Portl」は、船を…
オーダーメイド介護サービス「イチロウ」提供の「LINK」が1億円調達
2021年11月11日、株式会社LINKは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オーダーメイド介護サービス「イチロウ」を提供しています。 公的介護保険では支援が受けられない在宅介護ニー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ