スペースデブリ除去サービスなどに取り組む「アストロスケールホールディングス」が124億円調達

company

2021年11月25日、株式会社アストロスケールホールディングスは、総額約124億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スペースデブリ(宇宙ゴミ)除去サービスなど軌道上サービスの実現に向け研究・開発を行っています。

2021年8月に、デブリ除去技術実証衛星「ELSA-d」の実証を行い、模擬デブリの再捕獲に成功しています。次のフェーズとして、捕獲機(サービサー)の自律制御機能を用いた「自動捕獲」に向けた準備を進めています。

また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の商業デブリ除去実証プロジェクトに選定されている、商業デブリ除去実証衛星「ADRAS-J」の組み立て作業を2022年前半に開始する予定です。

ほかにも、英国において、英国宇宙庁による軌道上衛星2機の除去研究プログラムにアストロスケールが選定され、2024年の商用化に向けてEOLサービス(役目を終えた、もしくは故障した人工衛星の除去サービス)の機能充足を行います。

ゴールドマン・サックスは、2040年代に世界の宇宙ビジネスの市場規模は1兆ドルに達する予測しています。

宇宙ビジネスで大きな割合を占めているのが、衛星を打ち上げ、それにより得たデータを販売したり活用したりするサービスである衛星サービスです。

衛星サービスは、たとえば農業における農地の分析や、漁業における魚群探知・養殖監視、海上輸送における航路の追跡など様々な領域に応用することができます。

衛星サービスのニーズの高まりによって衛星が打ち上げられる数も増えていくと考えられますが、衛星の数が増えるにつれて深刻化する課題のひとつのスペースデブリがあります。

スペースデブリとは、軌道上で不要になった物体のことを指します。たとえば使用済みの衛星や故障した衛星、打ち上げたロケットの上段、爆発・衝突によって発生した破片などがあります。

軌道上では衛星などの宇宙機もスペースデブリも非常に速い速度で移動しているため、衝突した場合大きな衝撃となります。

そのため、たった1cmのスペースデブリが衝突するだけで宇宙機に甚大な被害を与えるのです。

推進系を搭載している人工衛星や宇宙ステーションは、観測・追跡されているデブリを回避する機能が備わっています。

しかし、すべてのデブリを観測することは不可能であるため、デブリの事故をなくし安全に宇宙を利用するためにもデブリの除去技術が求められています。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アストロスケールホールディングス スペース・デブリ 宇宙 宇宙ゴミ 宇宙ビジネス 株式会社 衛星 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

メディア・プラットフォームの「note」がECプラットフォームの「BASE」と資本業務提携
2021年1月12日、note株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、BASE株式会社と資本業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。 noteは、メディア・プラットフォーム「…
障害者手帳アプリ「ミライロID」やユニバーサル・デザインのソリューション提供の「ミライロ」が3億円調達
2021年4月2日、株式会社ミライロは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 障害者の視点から、ユニバーサル・デザインのソリューション提供や、障害者手帳アプリ「ミライロID」を運営を行っ…
SaaSのアカウント発行・権限設定自動化プラットフォーム「YESOD」提供の「イエソド」が2億円調達
2020年8月17日、株式会社イエソドは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 散らばった人事・組織情報を統合し、各種SaaSのアカウント発行・権限設定を自動化するSaaS統制プラットフ…
世界のスタートアップ・データベース「SUNRYSE.」提供の「Queue」が7,000万円調達
2019年12月11日、株式会社Queueは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、世界のスタートアップ情報データベース「SUNRYSE.」をリリースしたことも併せて発…
心疾患による突然死を防ぐ超聴診器を開発する「AMI」が4.9億円調達
2020年4月10日、AMI株式会社は、総額4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 疾患に繋がる心雑音のみを自動的に検出することを可能とした聴診器「超聴診器(心疾患診断アシスト機能…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ