D2Cアンダーウェアスタートアップの「ONE NOVA」が4,500万円調達

company

2021年11月17日、株式会社ONE NOVAは、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アンダーウェアブランド「One Nova」と、全世代型吸水ショーツブランド「sponge」を展開しています。

「One Nova」は、防臭性や、蒸れにくさ、肌触りの良さなどの機能性を特徴とする男性向けアンダーウェアを展開しています。

「sponge」は、尿もれや生理もれといったもれを吸収する全世代型吸水ショーツを展開しています。

2021年11月現在、クラウドファンディングのMakuakeでプロジェクトを公開しており、自社オンラインストアでの一般販売は2022年1月を予定しています。

D2Cとは、企業が一般消費者に対し直接取り引きを行うビジネスモデルのことです。

自社のこだわりを強烈に反映させたプロダクトを作るスタートアップが多く、このこだわりに共感した消費者が増えたことでその市場は拡大しています。

また顧客の生の声を聞くことができるため、プロダクトやマーケティングを改善し、顧客と一緒にブランドをつくりあげていけることも魅力のひとつです。

これまで市場では目が向けられなかったプロダクトに注目が集まることもあり、アメリカ・ニューヨークで設立されたThinxが広めた吸水ショーツは第4の生理用品と呼ばれるようにまでなっています。

従来の大手企業の商品開発では男性が主導権を握っていたということもあり、吸水ショーツなど女性に寄り添ったプロダクトが生まれづらかったというのも理由かもしれません。

またD2Cはスタートアップだけの領域ではなくなり、大手企業の参入も相次いでいます。

資本力のある企業と競うことになりますが、D2Cはプロダクトでもマーケットでもアイデア次第で勝負できる市場です。

SNSの普及により、顧客の声が力を持つようになった時代では、D2Cはますます拡大していくと考えられます。

D2Cビジネスは、顧客の声を直接聞くことができ、即座にプロダクトに反映できることが大きな魅力です。また、SNSなどインターネットを使ったマーケティングとも相性が良いといわれています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも実施できるネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C One Nova sponge ブランド 下着 吸水ショーツ 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データ生成現場にてAI処理し活用するエッジAI事業の「EDGEMATRIX」が9億円調達
2019年8月29日、EDGEMATRIX株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また引受先である、株式会社NTTドコモ、清水建設株式会社、日本郵政キャピタル株式会社とは、協業…
クラウド人事労務ソフト提供の「SmartHR」が156億円調達
2021年6月8日、株式会社SmartHRは、総額約156億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供しています。 雇用契約や、入社手続き、年末調整など…
エッジAIのアルゴリズムを提供する「エイシング」が3億円調達
2019年11月20日、株式会社エイシングは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エッジAIにおいて、導入機器側でのリアルタイムな自律学習・予測を可能にするAIアルゴリズム「ディープ…
移住支援サービスを展開する「スカラパートナーズ」と総合人材サービス企業の「アデコ」が業務提携
2020年9月30日、株式会社スカラパートナーズは、アデコ株式会社と、業務提携を行うことで合意したことを発表しました。 スカラパートナーズは、専門の移住コンシェルジュが移住相談を行う支援サイト「Kom…
卸・仕入れのプラットフォーム運営の「スペースエンジン」が1億円調達
2020年2月3日、株式会社スペースエンジンは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカーと店舗をつなぐ卸・仕入れのプラットフォーム「SpaceEngine」を運営しています。 店頭…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ