太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」と大容量・高出力蓄電池「Tesla Powerwall」をパッケージ提供するサブスクプランが開始

tips

2021年11月9日、株式会社シェアリングエネルギーは、「シェアでんき」と「Tesla Powerwall」をパッケージ提供する新サービスを発売することを発表しました。

シェアリングエネルギーは、太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」を提供しています。

シェアリングエネルギーが戸建ての屋根を借りるという形で太陽光パネルを設置することで、初期費用0円月額利用料0円で、日中の電気料金が無料となるサービスです。

Tesla Motors Japan合同会社のTesla Powerwall Certified Installer(Tesla Powerwall認定提供会社)に認定されたことにより、Teslaの提供する大容量・高出力蓄電池「Tesla Powerwall」と「シェアでんき」をパッケージで提供するサブスクリプションサービスを開始します。

SDGs(持続可能な開発目標)が示されたことにより、世界的にクリーンなエネルギーである再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みが推進されています。

日本の再生可能エネルギーにおいては太陽光発電が水力発電に次いで大きな割合を占めており、また年々その発電量を増加させています。

太陽光発電は設置スペースが確保できれば比較的導入しやすい設備であるため、投資家から資金を集め、巨大な太陽光発電システムを設置し運用するというメガソーラービジネスに参入する事業者も増加しました。

また太陽光発電システムの設置では、投資家から資金を募り住宅の屋根や敷地に太陽光発電システムを無償で設置・運用し、発電した電気を低価格で販売するという第三者所有モデルというビジネスモデルもあります。

また、資金力のある事業者の場合は投資家から資金を募る必要がないため、第三者所有モデルではなく、電力購入契約(PPA、Power Purchase Agreement)モデルと呼ばれることもあります。

この第三者所有モデルは米国で成長し、この事業を展開するSolarCity社は2015年には米国住宅用太陽光発電市場の1/3以上のシェアを占めたこともあります。

しかし太陽光発電システムの価格が下がったこともあり、消費者が、第三者所有モデルで太陽光発電システムを利用するよりも、ローンを組んで設備を導入したほうがお得であることに気づいたことにより、そのシェアは下がっていきました。

シェアでんきはこの第三者所有モデルやPPAモデルを参考にしたビジネスモデルを展開しています。

日本は米国と違って、再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定の価格で買い取る「FIT制度」というものがあります。

このFIT制度は住宅用の固定価格での買取期間は10年と定められているため、「シェアでんき」では10年で採算がとれるようにしており、10年経過後は太陽光発電システムを契約者に無償譲渡することにしています。

またFIT制度は2022年4月からは、再生可能エネルギーの売電価格にプレミアム(補助金)を上乗せする「FIP制度」になるため、この段階でビジネスモデルの再構築が図られるものと思われます。

起業ではオフィス、電気、インターネットなど様々な契約が必要となります。なるべくコストを抑えた契約をしたいと考えるのが起業家です。また、環境・社会・ガバナンスに関するサスティナブルな取組みを行っている企業に投資するESG投資が注目されていることもあり、コストだけではなく中長期的な面を考慮するのもよいかもしれません。「冊子版創業手帳」では、オフィス契約の際の注意点などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Tesla Powerwall シェアでんき シェアリングエネルギー テスラ 再生可能エネルギー 太陽光パネル 太陽光発電 株式会社 蓄電池 電気
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

美容従事者向け複合型シェアサロン「SALON VILLAGE」運営の「WBP」が資金調達
2021年11月15日、株式会社WBPは、資金調達を実施したことを発表しました。 美容従事者(美容師、ネイリスト、アイリスト、エステティシャン)向けの複合型ビューティーシェアサロン「SALON VIL…
クラウド録画サービス「セーフィー」が新型コロナ対策支援パッケージの無料提供を開始
2021年1月19日、セーフィー株式会社は、「Safie Pocket2(セーフィー ポケット2)」を2カ月間無料で利用できる新型コロナ対策支援パッケージの提供を開始したことを発表しました。 セーフィ…
オンラインAI動作解析ツール「Sportip Pro」が総合型地域スポーツ・クラブ「ヴァンフォーレスポーツクラブ」に導入
2020年10月8日、株式会社Sportipは、「Sportip Pro」が、一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブに導入されたことを発表しました。 Sportipは、オンラインAI動作解析ツール「…
サポート付き貸し農園「シェア畑」など運営の「アグリメディア」が3.5億円調達
2021年3月10日、株式会社アグリメディアは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アグリメディアは、サービス・サポート付きの市民農園「シェア畑」などの農地活用事業や、農業…
顕微観察技術の事業化を目指す「IDDK」が資金調達
2020年6月17日、株式会社IDDKは、資金調達を実施したことを発表しました。 光学技術と半導体技術を融合し、顕微観察技術(マイクロ・イメージング・デバイス、MID)を開発しました。 MIDは、半導…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ