太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」と大容量・高出力蓄電池「Tesla Powerwall」をパッケージ提供するサブスクプランが開始

tips

2021年11月9日、株式会社シェアリングエネルギーは、「シェアでんき」と「Tesla Powerwall」をパッケージ提供する新サービスを発売することを発表しました。

シェアリングエネルギーは、太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」を提供しています。

シェアリングエネルギーが戸建ての屋根を借りるという形で太陽光パネルを設置することで、初期費用0円月額利用料0円で、日中の電気料金が無料となるサービスです。

Tesla Motors Japan合同会社のTesla Powerwall Certified Installer(Tesla Powerwall認定提供会社)に認定されたことにより、Teslaの提供する大容量・高出力蓄電池「Tesla Powerwall」と「シェアでんき」をパッケージで提供するサブスクリプションサービスを開始します。

SDGs(持続可能な開発目標)が示されたことにより、世界的にクリーンなエネルギーである再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みが推進されています。

日本の再生可能エネルギーにおいては太陽光発電が水力発電に次いで大きな割合を占めており、また年々その発電量を増加させています。

太陽光発電は設置スペースが確保できれば比較的導入しやすい設備であるため、投資家から資金を集め、巨大な太陽光発電システムを設置し運用するというメガソーラービジネスに参入する事業者も増加しました。

また太陽光発電システムの設置では、投資家から資金を募り住宅の屋根や敷地に太陽光発電システムを無償で設置・運用し、発電した電気を低価格で販売するという第三者所有モデルというビジネスモデルもあります。

また、資金力のある事業者の場合は投資家から資金を募る必要がないため、第三者所有モデルではなく、電力購入契約(PPA、Power Purchase Agreement)モデルと呼ばれることもあります。

この第三者所有モデルは米国で成長し、この事業を展開するSolarCity社は2015年には米国住宅用太陽光発電市場の1/3以上のシェアを占めたこともあります。

しかし太陽光発電システムの価格が下がったこともあり、消費者が、第三者所有モデルで太陽光発電システムを利用するよりも、ローンを組んで設備を導入したほうがお得であることに気づいたことにより、そのシェアは下がっていきました。

シェアでんきはこの第三者所有モデルやPPAモデルを参考にしたビジネスモデルを展開しています。

日本は米国と違って、再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定の価格で買い取る「FIT制度」というものがあります。

このFIT制度は住宅用の固定価格での買取期間は10年と定められているため、「シェアでんき」では10年で採算がとれるようにしており、10年経過後は太陽光発電システムを契約者に無償譲渡することにしています。

またFIT制度は2022年4月からは、再生可能エネルギーの売電価格にプレミアム(補助金)を上乗せする「FIP制度」になるため、この段階でビジネスモデルの再構築が図られるものと思われます。

起業ではオフィス、電気、インターネットなど様々な契約が必要となります。なるべくコストを抑えた契約をしたいと考えるのが起業家です。また、環境・社会・ガバナンスに関するサスティナブルな取組みを行っている企業に投資するESG投資が注目されていることもあり、コストだけではなく中長期的な面を考慮するのもよいかもしれません。「冊子版創業手帳」では、オフィス契約の際の注意点などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Tesla Powerwall シェアでんき シェアリングエネルギー テスラ 再生可能エネルギー 太陽光パネル 太陽光発電 株式会社 蓄電池 電気
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

遠隔共同子育てロボットを開発する「ChiCaRo」 東芝の「顔認識AIカオメタ」を応用した新サービスの共同開発へ
2022年8月10日、株式会社ChiCaRoは、「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2022」に採択され、東芝デジタルソリューションズ株式会社の「顔認識AIカオメタ」を応…
NFTレンタルプラットフォーム「EXA」を開発する「Tavern」が3,450万円調達
2022年8月10日、Tavern株式会社は、総額3,450万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Tavernは、NFTをワンクリックで簡単かつ安全にレンタルできるプラットフォーム「EXA(エ…
24時間型訪問介護業務支援SaaS「PORTALL」を提供する「スリーエス」が3.3億円調達
2023年12月5日、スリーエス株式会社は、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スリーエスは、24時間型訪問介護業務支援SaaS「PORTALL(ポータル)」の開発・提供…
プロバイオティック医薬品を開発する旭川医科大学発ベンチャー「カムイファーマ」が6.5億円調達
2022年7月26日、カムイファーマ株式会社は、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 カムイファーマは、旭川医科大学とサッポロホールディングス株式会社から「プロバイオティクス…
「ピアラベンチャーズ」が採用管理システム「採用一括かんりくん」を提供する「HRクラウド」に出資
2023年3月8日、株式会社ピアラは、連結子会社である株式会社ピアラベンチャーズが運営するファンドにおいて、HRクラウド株式会社に投資を実行いたしました。 HRクラウドは、クラウド型採用管理システム(…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】