注目のスタートアップ

アート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」運営の「between the arts」が1.89億円調達

company

2021年10月28日、株式会社between the artsは、総額1億8,900万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、Shinwa Wise Holdings株式会社との資本業務提携契約を締結したこともあわせて発表しました。

アート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」を運営しています。

アートコレクションを撮影することで、購入時期や参考市場価格など様々な情報をオンラインで閲覧・管理することができるサービスです。

また、1作品あたり月額100円から「美術倉庫」が管理する倉庫に預けることができます。

オークションハウスを運営するShinwa Auctionと提携し、「美術倉庫」で管理する作品をShinwa Auction主催のオークションに出品代行するサービスも提供しています。

日本のアート産業市場は、2020年において3,197億円と推計されています。アート作品が直接関わる美術品市場は2,363億円となっています。

世界の美術品市場がここ10年間約600億ドル(約7兆円)で推移していることを鑑みると、まだまだ小さな市場であることがわかります。

チャネル別でみると、国内百貨店と国内画廊・ギャラリーが売上の7割を占めており、別のチャネルの充実や利用促進が美術品市場の活性化に資すると考えられています。

国の政策として、所得税・法人税・相続税において優遇措置を行い、アート作品の取得・寄付を促進することも行われています。

文化庁は、コレクションが死蔵されているほか、売買によって散逸しているケースが多いことを指摘し、社会資本として公開・活用していくための環境を整備することが重要であるとしています。

アート作品の管理プラットフォームは、死蔵されていた作品に光を当て、共有や流通を促進するものであるともいえます。

「美術倉庫」では預かった作品を許可を得て展示公開するという取り組みや、作品のレンタルなども行っており、作品の活用についても積極的に取り組んでいます。

今後、アートシーンの活性化のため、どのように展開を図っていくのか注目が必要です。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

(文中の数値については、出所)「日本のアート産業に関する市場調査2020」(一社)アート東京、(一社)芸術と創造)

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Shinwa Wise Holdings アート サブスクリプション 作品 倉庫 株式会社 管理 美術倉庫 美術品 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業と直接つながるカジュアル面談プラットフォーム「Meety」がリリース
2020年10月14日、株式会社Meetyは、2020年10月1日から「Meety」の提供を開始したことを発表しました。 「Meety」は、“話せるネタ”をキッカケに、企業の中の人と直接つながるカジュ…
クラフト・ドリンク特化のクラウドファンディング「ふぁんドリ」とブルワリー「VectorBrewing」運営の「ライナ」が業務提携
2020年12月9日、株式会社ふぁんドリは、ライナ株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ふぁんドリは、クラフト・ドリンクに特化したクラウドファンディング・プラットフォーム「ふぁんドリ」…
不正検知サービス提供の「かっこ」がデータ分析サービス「さきがけKPI」の提供を開始
2020年10月21日、かっこ株式会社は、「さきがけKPI」の提供を開始したことを発表しました。 かっこは、統計学や、数学、機械学習などの技術を活用し、不正検知やデータ・サイエンス・サービスなどを提供…
中古不動産オンライン・サービス「TOSMY」がリリース
2019年12月10日、株式会社マチカラは、「TOSMY(トスミー)」をリリースしたことを発表しました。 「TOSMY」は、中古不動産のオンライン・サービスです。 東京都内にあるリノベーション物件から…
マルチモーダル機械学習事業展開の「DATAFLUCT」が3億円調達
2021年4月20日、株式会社DATAFLUCTは、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズです。 データ活用の民主化を実現するため以下の…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ