注目のスタートアップ

360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア提供の「スペースリー」が4億円調達

company

2022年9月6日、株式会社スペースリーは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スペースリーは、360度VRコンテンツを簡単に制作・編集できるクラウドソフトウェア「スペースリー」を開発・提供しています。

パノラマ写真を撮影しアップロードすることで、なめらかに動くVRコンテンツを作成できます。

パノラマ写真のみでの空間内サイズのAI推定、家具の配置などが可能なAI空間設計シミュレーター機能などを搭載しています。

不動産分野を中心に、観光、ギャラリー、製造業、レストランなどさまざまな分野で活用されています。

今後、AIを活用して360度VR画像を完全な3Dデータに変換することで、現実の内見に近い体験をオンラインで提供する「パノラマ変換3Dプレイヤー」の製品版のリリースを2023年に予定しています。

今回の資金は、研究開発、プロダクト開発、サービスの提供範囲拡大のための営業組織の強化に充当します。

物件探しでは、気になった物件を実際に見て確かめる「内見」というプロセスがあります。

やはり書類や写真だけでは物件の実際の状況がわからないため、ほとんどの顧客が内見を希望します。

内見では、不動産会社に車を出してもらい、実際に現地まで行く必要があります。

一度の内見でおおよそ30~1時間程度かかるため、1日に内見できる物件は3~4件ほどです。

また、現地で鍵の場所が見つからなかったり、暗証番号がわからなかったりする場合もあり、余計に時間がかかることもあります。

内見業務は不動産会社にとっては物件の成約につながる重要で必要な業務であるものの、効率化が難しく、さらに時間がとられてしまうという課題を抱えています。

さらには、内見したからといって必ずしも契約につながるわけではありません。内見後の成約率は約20%ともいわれています。

この内見を効率化するのが、VR(仮想現実)を使った内見サービスです。

VR内見では、VRゴーグルやWebブラウザなどから、3DCGや写真でつくられたバーチャルな物件を見ることができます。

オンラインで内見が完了するため移動時間がかからず、より多くの物件の内見を実施できます。

VRゴーグルを利用した場合は、より現地での内見に近い体験が可能であるため、今後の普及が見込まれています。

現在は一般ユーザーへのVRゴーグルの普及率はあまり高くなく、VRゴーグルを使った内見では店舗などで顧客にVRゴーグルを貸し出して実施しているケースがほとんどです。

しかし今後5Gの普及とVRゴーグルの低廉化に伴い一般ユーザーへの普及率も向上すると予測されているため、今後の大きな成長が期待されています。

最新技術や最新技術を活用したプロダクトの開発には豊富な資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3D 3Dデータ AI VR VRコンテンツ オンライン クラウド シミュレーター ソフトウェア パノラマ パノラマ写真 不動産 内見 写真 制作 株式会社 画像 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

灯油自動発注配送管理システム「GoNOW」提供の「ゼロスペック」が2.3億円調達
2020年11月11日、ゼロスペック株式会社は、総額約2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 灯油の自動発注配送管理システム「GoNOW」を開発・運営しています。 顧客の灯油タンク…
ARクラウドプラットフォーム「Pretia」が正式ローンチ
プレティア・テクノロジーズ株式会社は、2022年4月26日にARクラウドプラットフォーム「Pretia」を正式ローンチしたことを発表しました。 「Pretia」は、AR開発をより簡単にするクラウドサー…
ナレッジ共有Saas「Qast」運営の「any」が8,000万円調達
2020年5月11日、any株式会社は、8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、HENNGE株式会社です。 社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」を運営しています。…
AIで最安の宿泊施設を横断検索できる「atta」がローンチ
株式会社attaは、「atta(あった)」の本リリースとなるiOSアプリを2019年7月4日にローンチしたことを発表しました。 Android版のローンチは、2019年7月17日が予定されています。 …
ものづくり特化のオンライン・ショップ「CRAFT STORE」運営の「ニューワールド」が資金調達
2020年5月7日、ニューワールド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、クラウドファンディング・プラットフォーム「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケと、山口…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ