銀行・証券・保険すべての分野をひとつの資格で仲介できる「金融サービス仲介業」 11/1開始

change

一部改正された「金融商品の販売等に関する法律」が、2021年11月1日から施行されます。

今回の改正の最大のポイントは「金融サービス仲介業」の創設です。

これまで、銀行・証券・保険それぞれのサービス仲介業を営む場合は、銀行法・金融商品取引法・保険業法と、業態ごとによって登録制度がわかれていました。

そのため、業態を横断して仲介業を営む場合は別の登録も行う必要があり、業者にとっては負担が大いため横断して仲介業を営む事業者は少なくなっていました。

「金融サービス仲介業」を創設することによって、金融サービスの仲介業の垣根を取り払い、ひとつの登録で銀行・証券・保険すべての分野のサービスを仲介可能とし、オンラインなど新たなニーズに応えることのできる体制を整備することが狙いです。

今回の「金融サービス仲介業」により、たとえば家計簿アプリから送金・決済だけでなく、投資信託の買付・解約や、保険の契約、ローンの申込みを一体的に提供するような事業者が登場することが想定されます。

近年、フィンテックの分野では、Embedded Finance(埋め込み型金融)という、異業種サービスのなかに埋め込まれ一体的なユーザー体験として提供される金融サービスが注目を集めています。

Embedded Financeが注目されているのは、2017年5月の銀行法改正によって導入された銀行APIの開放が大きな理由です。

銀行APIが開放されたことにより銀行サービスと連携することが可能になったため、たとえば家計簿アプリなどから複数口座の残高を確認できるようになりました。

Embedded Financeのさきがけとなった中国では、大手ECサイトのAlibabaにおいて商品が返品された際の送料負担を全額払い戻す外部保険をシームレスに提供したりしています。

このように金融サービス業界の環境が大きく変化したことが、今回の「金融商品の販売等に関する法律」の改正につながっています。

オンラインでの金融サービス提供のニーズが高まり、横断的に仲介したいという事業者も増加しています。

これまで金融サービスの仲介業を横断的に展開する事業者は、2019年12月末時点でたった5者しかいませんでしたが、これからはもっと増えてくるでしょう。

革新的なビジネスが登場するかもしれませんので、今後注目が必要な業界です。

企業経営において金融機関・サービスとは大きくお世話になることでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資を申し込む際のノウハウや、金融機関が提供する支援の活用法などを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 制度改正
関連タグ Fintech サービス フィンテック 仲介 保険 改正 証券 金融 金融サービス仲介業 金融商品の販売等に関する法律 銀行
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

制度改正の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スターバックスコーヒーが「Uber Eats」を導入 顧客体験の価値向上へ
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、顧客体験の価値向上のための戦略的な取組みについて発表しました。 2018年11月9日から「Uber Eats」を導入し、デリバリー・サービスを開始します…
「フィンプラネット」による確定拠出年金向けロボアドバイザー「fintsDC」が提供開始
2021年1月27日、株式会社フィンプラネットは、「fintsDC」のサービス提供を2021年1月から開始したことを発表しました。 「fintsDC」は、確定拠出年金制度における加入者の資産運用を支援…
手元のアイテムがすぐにキャッシュに 質屋アプリ「CASH」が再開
平成29年8月24日、株式会社バンクは、査定業務を一時中断していた「CASH」のサービス提供と、バージョンアップしたアプリの配信の再開を発表しました。 「CASH」は、"目の前のアイテムが一瞬でキャッ…
不動産賃貸サービス業展開の「ハウスコム」が「イタンジ」の電子契約サービスを導入
2020年12月10日、ハウスコム株式会社は、イタンジ株式会社が提供する「申込受付くん」と「電子契約くん」を2020年12月から導入したことを発表しました。 ハウスコムは、賃貸仲介サービス「ハウスコム…
太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が3.6億円調達
2022年8月19日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、全国の地銀系ベンチャーキャピタル複数社です。 また、直近では、2022…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ