チャーター船予約プラットフォーム運営の「Portl」が資金調達 正式版も併せてリリース

2020年9月21日、株式会社Portlは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「Portl(ポートル)」の正式版を9月20日にリリースしたことも併せて発表しました。

「Portl」は、船を稼働させたいオーナーと、船に乗ってみたいゲストをマッチングするサービスです。

日本中のチャーター(操縦者付き)利用できるプレジャー・ボート(ヨットやモーター・ボート)が簡単に探せ、予約することができます。

エンジン付きのボートを操縦するには、小型船舶操縦士免許が必要となります。平成27年度3月における免許取得者は340万人と、資格保有者は非常に少なくなっています。

また、プレジャー・ボートのの保有隻数は1980年から伸長を続けていましたが、2000年の44万隻をピークに減少を続けています。また、マリン・レジャーを楽しんだ人は、1999年は120万人だったのに対し、2007年には60万人、2010年には50万人と大幅な減少を続けています。

また、関西交通経済研究センターの調査によると、ボートを保有するのは60歳以上が中心で、会員制レンタル事業の利用者層は30~40代が中心となっています。しかし、レンタル・ボートには、免許もしくは操縦者が必要という課題があります。

そのため、ボートを保有する層と若年層をマッチングすることは、マリン市場を盛り上げることに資するかもしれません。

「Portl」のようなプラットフォーム・ビジネスは、掲載する企業や参画者の数が重要です。「冊子版創業手帳」では、営業に役立つツールについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Portl サービス チャーター プラットフォーム ポートル マッチング リリース レジャー 予約 株式会社 正式 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ