「日本クラウドキャピタル」がベンチャー株式のセカンダリーマーケット「FUNDINNO MARKET」をリリースへ

tips

2021年10月26日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)」の提供に向け、準備を進めることを発表しました。

「FUNDINNO MARKET」は、日本証券業協会が提供する「株主コミュニティ」制度を活用し、個人投資家がいつでもベンチャー企業の株式をオンラインで注文できる国内初のサービスです。

2021年12月1日(水)にサイトのプレオープンを行い情報を開示し、12月8日(水)にサービスを開始することを予定しています。

日本クラウドキャピタルはほかに、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」や、未上場企業向けスタートアップの株主管理・経営管理プラットフォーム「FUNDOOR(ファンドア)」を提供しています。

日本証券業協会の「株主コミュニティ」とは、地域に根ざした非上場企業等の流通取引・資金調達制度です。

証券会社が非上場株式の銘柄ごとに株主コミュニティを組成し、その参加者にのみ投資勧誘を認める仕組みです。

「FUNDINNO MARKET」の詳しい情報はまだ明らかになっていませんが、日本クラウドキャピタルは”ベンチャー企業の株式を保有する個人投資家間の売買取引や、個人投資家からの資金を調達したい未上場企業の資金調達の場を創出”するとしています。

上場企業であれば不特定多数の投資家に対し新株を発行することで資金調達を行うことができます。

しかし非上場企業は株式は未公開であるため、多くの場合、第三者に新株を発行する第三者割当増資を活用することとなります。

第三者割当増資の場合、自ら引き受けてくれる企業・VCなどを探す必要があります。そのため企業・VCがみつからなければ、資金調達を行うことはできません。

そのほか株式を用いた資金調達手段としては、株式投資型クラウドファンディングがありますが、大型の資金調達には向いていません。

そのため、スタートアップの資金調達ニーズを満たすことのできる制度やプラットフォームが求められています。

日本は、米英中と比べるとスタートアップへの資金供給はいまだ乏しいという状況にあります。

市場を活性化させるためには、非上場株式の発行・流通市場の法制度・環境の整備が重要だといわれています。

今回の「FUNDINNO MARKET」による新たな市場がどのように展開していくのか注目が必要です。

スタートアップの成長には資金調達が欠かせません。累計180万部を発行する起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウや、VCから出資を受けるための方法などを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ FUNDINNO FUNDINNO MARKET クラウドファンディング スタートアップ ファンディーノ プラットフォーム ベンチャー 制度 日本クラウドキャピタル 株主コミュニティ 株式会社 株式投資 資金調達方法
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

印章・印刷物販売の「グレエイト」と「電子契約サービス「NINJA SIGN」提供の「サイトビジット」が業務提携
2020年11月16日、株式会社グレエイトは、株式会社サイトビジットと業務提携したことを発表しました。 グレエイトは、全国に300店舗のフランチャイズ展開で、印章・印刷物販売を行う「はんこ屋さん21」…
不動産による資産形成をクラウドで支援する「ヤモリ」が5,000万円調達
2021年6月8日、株式会社ヤモリは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産オーナー向けクラウド不動産経営管理サービス「大家のヤモリ」や、管理会社向けクラウド不動産オーナー…
スポーツ・ビジネスのPR・採用プラットフォーム運営の「HALF TIME」が1億円調達
2020年7月9日、HALF TIME株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スポーツ・ビジネスの専門メディア「HALF TIME(ハーフタイム)マガジン」や、スポーツ・ビジネ…
エンジニア・デザイナー特化の副業採用プラットフォーム「offers」運営の「overflow」が1億円調達
2020年3月3日、株式会社overflowは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハイ・クラス・エンジニアやデザイナーに特化した副業・複業採用プラットフォーム「Offers(オファー…
「マネーコミュニケーションズ」が給与前払いサービス「プリポケ」において「立替払い型」プランの取扱いを開始
2020年12月21日、株式会社マネーコミュニケーションズは、給与前払いサービス「プリポケ」において、「立替払い型」プランの取扱いを開始することを発表しました。 「プリポケ」は、特定の給料日を待たずに…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ