「日本クラウドキャピタル」がベンチャー株式のセカンダリーマーケット「FUNDINNO MARKET」をリリースへ

tips

2021年10月26日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)」の提供に向け、準備を進めることを発表しました。

「FUNDINNO MARKET」は、日本証券業協会が提供する「株主コミュニティ」制度を活用し、個人投資家がいつでもベンチャー企業の株式をオンラインで注文できる国内初のサービスです。

2021年12月1日(水)にサイトのプレオープンを行い情報を開示し、12月8日(水)にサービスを開始することを予定しています。

日本クラウドキャピタルはほかに、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」や、未上場企業向けスタートアップの株主管理・経営管理プラットフォーム「FUNDOOR(ファンドア)」を提供しています。

日本証券業協会の「株主コミュニティ」とは、地域に根ざした非上場企業等の流通取引・資金調達制度です。

証券会社が非上場株式の銘柄ごとに株主コミュニティを組成し、その参加者にのみ投資勧誘を認める仕組みです。

「FUNDINNO MARKET」の詳しい情報はまだ明らかになっていませんが、日本クラウドキャピタルは”ベンチャー企業の株式を保有する個人投資家間の売買取引や、個人投資家からの資金を調達したい未上場企業の資金調達の場を創出”するとしています。

上場企業であれば不特定多数の投資家に対し新株を発行することで資金調達を行うことができます。

しかし非上場企業は株式は未公開であるため、多くの場合、第三者に新株を発行する第三者割当増資を活用することとなります。

第三者割当増資の場合、自ら引き受けてくれる企業・VCなどを探す必要があります。そのため企業・VCがみつからなければ、資金調達を行うことはできません。

そのほか株式を用いた資金調達手段としては、株式投資型クラウドファンディングがありますが、大型の資金調達には向いていません。

そのため、スタートアップの資金調達ニーズを満たすことのできる制度やプラットフォームが求められています。

日本は、米英中と比べるとスタートアップへの資金供給はいまだ乏しいという状況にあります。

市場を活性化させるためには、非上場株式の発行・流通市場の法制度・環境の整備が重要だといわれています。

今回の「FUNDINNO MARKET」による新たな市場がどのように展開していくのか注目が必要です。

スタートアップの成長には資金調達が欠かせません。累計180万部を発行する起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウや、VCから出資を受けるための方法などを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ FUNDINNO FUNDINNO MARKET クラウドファンディング スタートアップ ファンディーノ プラットフォーム ベンチャー 制度 日本クラウドキャピタル 株主コミュニティ 株式会社 株式投資 資金調達方法
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

インフルエンサーを通じた音楽プロモーションサービス「Meme」運営の「BabyJam」が3,000万円調達
2022年5月20日、スタートアップスタジオのStudio ENTRE株式会社は、スタジオ発のサービス「Meme」を運営する株式会社BabyJamが総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しま…
【7月29日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ
7月29日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。 ロケット大手のデータ活用 IHIや三菱重工など、ロケット開発をてがける大手企業が、気象予測や災害把握向けに衛生が入手…
産業用ロボットのティーチングプログラム補正システム「L-ROBOT」など展開の「リンクウィズ」が資金調達
2022年4月28日、リンクウィズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 産業用ロボットのティーチングプログラム補正システム「L-ROBOT」や、インライン向け3Dロボット検査システム「L…
独自の無線多段中継テクノロジーによる無線通信ソリューションを提供する「PicoCELA」が「西尾レントオール」から資金調達
2023年1月16日、PicoCELA株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、西尾レントオール株式会社です。 PicoCELAは、無線通信に関する特許技術を活用した無線通信製品の…
モバイル・アプリ・プラットフォーム「EAP」展開の「ランチェスター」が1億円調達
2019年10月3日、株式会社ランチェスターは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 モバイル・アプリ・プラットフォーム「EAP」を提供しています。 モバイル・アプリ、クラウド、ビッグ・デー…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ