注目のスタートアップ

宇宙産業における総合サービスを提供する「Space BD」が10.4億円調達

company

2021年12月1日、Space BD株式会社は、総額10億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

衛星打ち上げサービスや、国際宇宙ステーション(ISS)での実験サービス、宇宙機器調達販売サービス、プロジェクト型事業開発サービス、宇宙ビジネスでの知見を活かした教育事業など、宇宙領域において総合的なサービスを提供しています。

今回の資金は、国内外の多様な打上げ手段の確保による衛星打ち上げサービスの拡大や、人材採用・組織力の強化などに充当されます。

2019年時点では世界の宇宙ビジネス市場は約40兆円となっていますが、2040年には100兆円規模と非常に大きな市場になると予測されています。

宇宙ビジネス市場において大きな割合を占めているのが、衛星を打ち上げ、それによって得たデータを販売・活用する衛星サービスです。

また、衛星サービスの普及・高度化のためには、地上局の整備なども必要であるため、周辺サービスも注目を集めています。

衛星サービスは農場や漁場の管理・監視など農林水産や、災害の監視などにおいても活用が進んでいます。

今後、異業種や大手企業の衛星サービスへの参入が考えられるため、Space BDのように、これまでの宇宙ビジネスの知見を活用した、サポートサービスなどもニーズが高まっていくでしょう。

JAXA発のベンチャーも多数登場し市場において存在感を示しています。これらの宇宙ベンチャーがどのようなビジネスを行っているのか把握することで、宇宙ビジネスがどのように展開していっているのか概観することもできるでしょう。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャー・キャピタルから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ISS Space BD サービス 国際宇宙ステーション 宇宙 宇宙ビジネス 株式会社 衛星 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

空き情報プラットフォーム「VACAN」提供の「バカン」が資金調達
2021年10月27日、株式会社バカンは、資金調達を実施したことを発表しました。 IoT・AIを活用して店舗などの空き情報を収集・解析・配信するサービス「VACAN」を提供しています。 独自のAIアル…
ケーキ専門通販サイト運営の「Cake.jp」が2.6億円調達
2020年7月30日、株式会社Cake.jpは、総額2.6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」を運営しています。 全国の洋菓子店と提…
シニア向けコミュニティ「趣味人倶楽部」運営の「オースタンス」が資金調達
2019年12月20日、株式会社オースタンスは、資金調達を実施したことを発表しました。 日本最大級のシニア向けコミュニティ・サービス「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」を運営しています。 匿名性のコミ…
「Facebook」が東北地方5市と事業連携協定を締結
2019年7月31日、Facebook Japan株式会社は、岩手県盛岡市、秋田県横手市、湯沢市、大仙市、仙北市と「地域経済・地域コミュニティ活性化に関する事業連携協定」を締結したことを発表しました。…
クラウド型製品マスターSaaS「Ninja DB」開発の「Lazuli」が5,000万円調達
2020年11月5日、Lazuli株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型の製品マスターSaaS「Ninja DB」を開発しています。 世界中の製品の情報を整…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ