「三井住友海上火災保険」がM&A仲介サービス展開の「トランビ」と提携し中小企業M&A向け保険の提供を開始

tips

2021年10月22日、三井住友海上火災保険株式会社株式会社トランビは、「M&A後押し保険」の提供を開始したことを発表しました。

「M&A後押し保険」は、トランビが運営するM&Aプラットフォーム「TRANBI」の利用プラン「TRANBIビジネス」・「TRANBIエンタープライズ」の加入者向けの保険サービスです。

M&Aや事業承継の取引対象となる会社・事業の財務諸表に関し、取引完了後1年以内に財務デューデリジェンスで対象とした項目に不備が発見された場合、弁護士などの専門家に相談する費用などを補償するものです。

「TRANBIビジネス」・「TRANBIエンタープライズ」に加入している会員は自動的に補償されます。

日本国内の企業数の99%以上は中小企業が占めています。

この中小企業では、経営者の高齢化が進み、後継者不足が深刻な課題となっています。

企業の廃業には多くのデメリットがあり、たとえば山間の地区など働き口の少ない場所であればその地区の就職先が減ってしまいますし、貴重なノウハウを有していた場合はそれが失われてしまうということになります。

また、黒字経営にも関わらず廃業せざるを得ないといったケースもあり、そのような企業を減らすためにも事業継承が推進されています。

従来までは事業継承というと、子や親戚に継いでもらう親族内継承や、次期経営者候補して育てていた従業員に継いでもらう従業員継承といった方法がとられていました。

しかし親族内継承や従業員継承では、経営者としての育成が必要となり、準備ができていない経営者も多く存在します。

そこで近年、第三者への事業継承の方法としてM&Aが注目されています。

M&Aでは第三者に株式を売却し、会社・事業をまるごと引き継いでもらうという形で事業継承を行います。

事業内容が変わらないことや、従業員を解雇しなくてすむこと、売却益が得られることがメリットとなっています。

M&Aでの事業継承は売り手企業にとっては多くのメリットがある方法です。

買い手側にとっても、すでに完成されている事業を引き継げるため、ビジネスを軌道に乗せる必要がないことや、設備がすでに整っていることなどのメリットがあります。

買い手側のリスクとしては、財務関連などで想定外の不備があった際の対応などが考えられます。

このリスクが低くなれば、今後もっとM&Aによる事業継承は増えていくでしょう。

事業継承は、起業のひとつの方法として注目されています。しかし事業継承はゼロからの起業とはまた違ったノウハウが必要となります。創業手帳は、無料で創業コンサルティングを行っています。また、起業家や専門家の生の声を基に記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ M&A TRANBI トランビ 三井住友海上火災保険 事業継承 保険
事業承継手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

保険証券登録済みの加入保険一元管理アプリ「保険簿」運営の「IB」が1億円超調達
2020年8月27日、株式会社IBは、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 コンシューマー向けの加入保険情報管理アプリ「保険簿」を運営しています。 保険書類をスマートフォンで撮影するこ…
サーチファンドの産業化を目指す「サーチファンド・ジャパン」が設立
2020年10月9日、株式会社サーチファンド・ジャパンは、自社の設立を発表しました。 伊藤公健、日本M&Aセンター、日本政策投資銀行、キャリアインキュベーションによる合弁会社となります。 個人が投資家…
M&A仲介の「Growthix Capital」が20億円調達 サーチ・ファンド事業拡大へ
Growthix Capital株式会社は、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本式サーチ・ファンドによるM&A仲介事業を展開しています。 サーチ・ファンドとは、社長を目指す人材が…
「サイバーソリューションズ」が損害保険代理店向けに特化したメール&セキュリティ・サービス「損保Cloud.com」の提供を開始
2020年10月28日、サイバーソリューションズ株式会社は、「損保Cloud.com」の提供を10月28日(水)から開始することを発表しました。 「損保Cloud.com」は、損害保険代理店向けのメー…
ものづくりブランドをM&Aで譲り受け成長支援を行う「forest」が9億円調達
2021年11月25日、forest株式会社は、総額約9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ECで展開される日本のものづくりブランドをM&Aを通じて譲り受け、ビジネス・テクノロジーの両軸から…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ