サーチファンドの産業化を目指す「サーチファンド・ジャパン」が設立

tips

2020年10月9日、株式会社サーチファンド・ジャパンは、自社の設立を発表しました。

伊藤公健、日本M&Aセンター、日本政策投資銀行、キャリアインキュベーションによる合弁会社となります。

個人が投資家の支援を得て中小企業のM&Aを主導する“サーチファンド”の産業化を目指し設立された企業です。

M&Aを目指す人材を、知見・情報・資金などにより支援し、サーチファンド形式での中小企業M&Aの拡大と経営者の輩出を目指すとしています。

1~2カ月以内に1号ファンドの設立が予定されています。また、経営者候補の募集・選考を本格的に開始するようです。

サーチファンドとは、社長を目指す人材が、投資家の支援を受けつつ、自分が社長となりたい企業を探し、買収する仕組みです。

サーチファンドは日本ではまだまだ知名度の低い手法ですが、都市圏の優秀な人材を地方に送り込めることや、中小企業経営者の高齢化・事業継承問題などの社会課題の解決のために有効だと考えられます。

ビジネスの大きな成長には資金調達やVCの支援が必要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ M&A サーチファンド サーチファンド・ジャパン ファンド 投資

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ