注目のスタートアップ

ものづくりブランドをM&Aで譲り受け成長支援を行う「forest」が9億円調達

company

2021年11月25日、forest株式会社は、総額約9億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ECで展開される日本のものづくりブランドをM&Aを通じて譲り受け、ビジネス・テクノロジーの両軸からそのブランドのさらなる成長に取り組む事業を展開しています。

譲受対象は、企業そのもの、ブランド・プロダクトのみ、EC事業のみなど様々に対応しており、またカテゴリーも、ホーム・キッチン、アウトドア用品、家具・家電、アパレル、食品など様々なものに対応しています。

成長にあたっては、各ブランドの特性に合わせたマーケティングや、新たな商品開発、販売チャネルの最適化、人材の強化、データの活用などを行います。

良いプロダクトがあったとしても、プロダクトの魅力を上手く発信できなければ、世間に認知されることはなく、顧客は増えないままになってしまいます。

日本には様々な伝統工芸品があり、世界的にも有名なものもいくつもあります。

一方で、ほとんど知名度がなく、観光地でお土産用としてしか購買されない伝統工芸品もあります。

また伝統工芸品だけでなく、日用品などの領域においても、職人やブランドのこだわりのつまったプロダクトがいくつもあります。

これら事業者は販売チャネルを増やして利益率を向上させるため、ECに参入することがあります。

しかし多くは小規模事業者であるため、ECやデジタルマーケティングに関する知見がなく、また新たにマーケティング人材を確保する余裕もないこともほとんどです。

forestはそのような事業者に向け、M&Aによってプロダクト・ブランドを譲り受け、プロフェッショナルの知見を用いて成長させる事業を展開しています。

プロダクト“には”自信があるという事業者にとって、大きな力となってくれるでしょう。

累計発行初数180万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャー企業の視点から、M&Aのメリットや成功パターンについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC Forest M&A グロース ブランド ものづくり 成長 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フィットネス・シェアリング・サービス運営の「ナップワン」が1億円調達
2020年3月30日、ナップワン株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、社名をLlotheo株式会社から、ナップワン株式会社に変更したことも併せて発表しました。 ナップワ…
Facebookの投稿をブログにするサービス「Beblog」がスタート
2020年1月22日、株式会社ズカンドットコムは、「Beblog(ビーブログ)」をスタートしたことを発表しました。 「Beblog」は、Facebookの投稿をブログとしてまとめるサービスです。 Fa…
ロンブー田村淳が新会社「株式会社がちキャラ」設立
吉本興業に所属するロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が、2019年6月に株式会社がちキャラを設立しました。 がちキャラは、SNSを中心に、“がちで頑張っているキャラクター”をサポートすることを目的に設立…
動画制作プラットフォーム「VideoWorks」展開の「Crevo」が5億円調達
2021年9月29日、Crevo株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画制作プラットフォーム「VideoWorks(ビデオワークス)」を運営しています。 プラットフォーム…
トークン・エコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」運営の「GINKAN」が2.8億円調達
2020年6月2日、株式会社GINKANは、総額約2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 トークン・エコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営しています。 AIがグルメ通の口…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ