スポーツ・ビジネスのPR・採用プラットフォーム運営の「HALF TIME」が1億円調達

2020年7月9日、HALF TIME株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スポーツ・ビジネスの専門メディア「HALF TIME(ハーフタイム)マガジン」や、スポーツ・ビジネス関連の人材紹介と採用代行事業、スポーツ・コンテンツを活用した、企業のPR・ブランド確立事業などを展開しています。

「HALF TIMEマガジン」では、スポーツ・ビジネス関連の企業・起業家のインタビューや、コラム、ニュース、求人情報などを掲載しています。

「マガジン」によりスポーツ業界の現況を伝えるとともに、求人情報を提供することにより、業界に関心のあるビジネスパーソンと、専門人材を採用したい企業・組織がつながるプラットフォーム「HALF TIME」として運営しています。

今回の資金は、オンライン事業の拡大と海外事業の立ち上げによる事業拡大や、WebサービスのUI/UXの改善、新機能の開発、顧客・ユーザー獲得のマーケティングに充当されます。

世界のスポーツ市場は、2018年に約4,900億ドル(約54兆円)と推計されており、2022年には6,141億ドル(約68兆円)に達すると予測されています。

全世界のスポーツ市場のうち約3割を占めているのがアメリカ市場です。日本の市場は2012年に約5.5兆円となっており、また、スポーツ庁は2025年には15兆円に成長させるという目標を掲げています。

健康志向の高まりによりスポーツに注目が集まっており、市場の成長につながっているとみられています。また、企業でも健康経営の一環としてスポーツを取り入れるところも出てきており、法人向けのスポーツ・ビジネスも需要がありそうです。

日本は世界的にも健康なイメージがついているため、日本のスポーツ・ビジネスの海外展開は大きな可能性があります。

海外展開はスポーツ・ビジネス以外のビジネスでも大きな成長につながる可能性があります。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始めた方や、日本貿易振興機構(JETRO)の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HALF TIME PR スポーツ スポーツ・ビジネス ハーフタイム プラットフォーム メディア 人材 採用 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ