注目のスタートアップ

屋外・屋内シームレスな高精度三次元測位サービスの提供を目指す「MetCom」が5億円調達

company

2021年10月8日、MetCom株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

GPSの構造的弱点を補完する、屋外・屋内シームレスな高精度三次元測位サービスの提供に向け、技術検証やパイロットサービスの提供などを行っています。

アメリカで開発されたシステムであるMBS (Metropolitan Beacon System)と既存の屋内測定技術を組み合わせることで、屋内位置情報サービスの新しい技術的基盤を提供することを目指しています。

今回の資金は、提供サービスの拡充や、事業商用化に向けた活動の強化に充当されます。

スマートフォンやカーナビには、位置情報を知るための技術としてGPSが使われています。

GPSのほかには、日本の準天頂衛星(QZSS)、ロシアのGLONASS、欧州連合のGalileoなどがあり、これらを総称してGNSS(全球測位衛星システム)と呼びます。

GNSSは衛星を利用して位置測位を行うため、屋内で受信できない場合があることや、地上では微弱な電波であるため妨害・干渉に弱いといった課題があります。

そのため、高精度かつ屋内でも利用できる次世代の位置情報サービスが求められています。

位置情報サービスは、ドローンなどのIoTの活用のためにも重要な技術であるため、基盤技術となるMBSを開発する米国のNextNavは上場を果たしています。

最新の技術を活用したプロダクトの提供を目指す場合、ビジネスとして軌道に乗せる前に、研究開発や実証実験を行う必要があります。豊富な資金やパートナーがみつかれば、安心してビジネスに取り組めるため、資金調達が重要となってきます。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GPS MBS MetCom システム 三次元測位 位置情報 屋内 屋外 技術 株式会社 測位 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンライン決済サービス「バンドルカード」運営の「カンム」が11.3億円調達
2020年8月11日、株式会社カンムは、総額11億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン決済サービス「バンドルカード」を運営しています。 スマートフォン・アプリからプリペイ…
CtoCのプログラミング学習プラットフォーム運営の「テックピット」が3,000万円調達
2019年9月26日、株式会社テックピットは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」を運営しています。 スキルのある…
「NEWoMan新宿」2階エキナカに新モデルのAIカフェロボット「root C」を設置
2021年12月13日、株式会社New Innovationsは、株式会社ルミネが運営する「NEWoMan新宿」に、「root C(ルートシー)」を設置し2021年12月10日からサービスを開始したこ…
運動習慣を形成するヘルスケアアプリ運営の「BeatFit」が2億円調達
2021年10月19日、株式会社BeatFitは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 運動不足を解消するヘルスケアアプリ「BeatFit」を開発・運営しています。 オリジナル製作の音…
荷主と配送パートナーをつなぐプラットフォーム「PickGo」など提供の「CBcloud」が60億円調達
2021年12月17日、CBcloud株式会社は、総額約60億円の資金調達を実施したことを発表しました。 荷主と配送パートナーを直接つなぐプラットフォーム「PickGo」や、運送会社向け業務支援システ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ