経営管理クラウド「Loglass」運営の「ログラス」が8,000万円調達

2020年7月8日、株式会社ログラスは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、次世代型経営管理クラウド「Loglass」の正式提供の開始もあわせて発表しました。

「Loglass」は、企業が表計算ソフトで取り組む予算策定や、予実管理、見込管理などの経営管理業務を最大80%効率化するサービスです。

経営管理を行う者は、事業部支店に向けてワン・クリックで表計算ソフト上にデータ入力フォーマットを自動で発行することができます。

事業部・支部が、発行されたフォーマットに数値を入力することでクラウドに数値が提出され、自動で各種財務分析レポートが構築されます。

様々なExcelやスプレッドシートに分散する情報・数値を簡単に集約し、全社員に閲覧権限制御をかけながら情報を提供することが可能となります。

今後、取り込み可能なデータ属性の拡充や、分析機能の強化を行っていくようです。今秋には取り込んだデータを外部のビジネスインテリジェンスツールに連携する機能の公開を予定しています。

今回の資金は、開発・営業人員の採用を中心に充当されます。

経営管理とは、経済活動の促進、効率的な目標達成のために、意図的に調整・総括を行う経営手法です。これにより、事業部や支部などの方向性を統一し、モチベーションを向上させることを目指すものです。

ICTツール・サービスの普及により、各業務の効率はよくなっています。しかし情報は様々なところに散在するようになっており、データの有機的な活用はまだ充分に行えているとはいえません。

これらの情報を統合して活用することができれば、経営・現場の成果を正確に分析・評価し、経営戦略に役立てることができるようになるでしょう。

多くの企業ではシステムが複雑化しており、新たなわかりやすいシステムに置き換えることにコストがかかる状況となっています。しかし創業期はまっさらな状態のため、最新のシステムを導入することができます。「冊子版創業手帳」では、社内システムの導入ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Loglass クラウド ログラス 効率化 株式会社 経営管理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ