顧客と宿泊施設・地域産業をつなぐタブレットツール「cocodake」などを提供する「あめつちデザイン」が「BENLY」と業務提携

tips

2023年5月29日、あめつちデザイン株式会社は、「cocodake(ココダケ)」の販売商品配送において、株式会社BENLYと業務提携したことを発表しました。

あめつちデザインは、顧客と宿泊施設・地域産業をつなぐタブレットツール「cocodake」や、温浴施設の混雑状況検知システム「coconoyu(ココノユ)」、事業・サービスの改善においてCX(顧客体験)や人間中心の設計のプロが伴走支援するコンサルティングサービス「CX Design Innovation」を手がけています。

「cocodake」は、部屋案内のデジタル化機能、浴室利用状況のリアルタイム配信機能、館内オンライン物販機能(体験Eコマース)、地域・観光情報の発信機能、体験メニュー紹介機能などを備えるタブレットツールです。

とくに体験Eコマースに力を入れており、宿泊施設を地域の魅力を発信するショールームと捉え、地域の品物を体験とその場で購入できるEC機能を提供しています。

BENLYは、越境ECサポートサービスを提供しています。

今回の提携により、地域製造販売事業者は複雑な輸出手続きなどの負担なく、BENLY指定の倉庫に商品を配送することで、海外旅行者の自宅に商品を届けることが可能となります。


2019年、訪日観光客数は3,119万人となり、その消費額は4兆8,135億円に達しました。

観光・宿泊業界はこの高いインバウンド需要を受けて成長しており、コロナ禍が落ち着いた2023年は、4兆9,580億円と、2019年を上回ると試算されており、今後の回復と成長が期待されています。

一方、観光・宿泊業界は、高いインバウンド需要によって人手不足が課題となっており、業務効率化とホスピタリティ向上を両立する取り組みが重要となっています。

テクノロジーの活用は、宿泊施設の業務効率化とホスピタリティ向上を実現することができます。さらにコロナ禍では、温浴施設の混雑状況の可視化、チェックインの自動化など、非接触でのサービス提供のためにデジタル化が進められました。

近年、宿泊施設ではタブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスが注目を集めています。

これまで宿泊施設では館内の利用案内のためにリーフレットなどを利用していましたが、情報の更新などでコストがかかるほか、情報量が限られてしまうことなどで課題となっていました。

タブレットは、こうした館内の利用案内をスマートに発信できるほか、周囲の観光案内や、フロントへの連絡などをデジタル化し、顧客満足度を向上させられるほか、業務効率化を実現することができます。

「cocodake」は、こうした宿泊施設向けのタブレットツールですが、Eコマース機能に力を入れている点が特徴的です。

宿泊施設はその地域の観光のハブとなる存在です。観光客はその地域の魅力を味わいにきていることから、宿泊施設で特産品などを体験でき、そのまま購入できる体制を整えることで、特産品の販売につなげ、地域の魅力向上を実現できます。

ECは新たな販路の開拓としてだけでなく、顧客に新たな体験を提供できるものとしても活用することができます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ cocodake CX あめつちデザイン ココダケ タブレット ホテル 体験Eコマース 体験型 地域 地方 宿泊施設 旅館 株式会社 業務提携 特産品 顧客体験
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

夜間・休日の臨時往診バックアップサービス「ON CALL」を提供する「on call」が資金調達へ
2022年10月31日、株式会社on callは、資金調達とブランドロゴの刷新を実施することを決定したことを発表しました。 on callは、在宅医療クリニックに特化した夜間・休日の臨時往診バックアッ…
「あせまねライフ」が株式投資体験アプリを活用した社員研修サービスを4月から提供開始
2021年2月23日、あせまねライフ株式会社は、「賢者のポートフォリオ」を活用した社員研修サービスを証券会社等の社員向けに2021年4月から提供する予定であることを発表しました。 「賢者のポートフォリ…
在宅透析のAIモニタリングツール「PD Doctor’s Eye」提供の「METRICA」が1億円調達
2021年8月11日、METRICA株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 腹膜透析(PD)の遠隔管理支援システム「PD Doctor's Eye」を提供しています。 カメラを…
【12/10開催】「G-1スタートアップグランプリ」学生起業家No.1を決定
「G-1スタートアップグランプリ」のご案内です。 この大会は、学生起業家No.1を決め、「一度きりの人生をかけて世界を変えようと志す若者を応援する」ピッチイベントです。 概要 ・入力情報より選考し、フ…
「HATALUCK」と「凸版印刷」が資本業務提携 メーカーとシフトワーカーをつなげる「店舗DXスタッフアプリ『はたLuck』活用サンプリング」を提供開始
2023年8月1日、株式会社HataLuck and Personと、凸版印刷株式会社は資本業務提携を結んだことを発表しました。 また、「店舗DXスタッフアプリ『はたLuck』活用サンプリング」を20…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】