注目のスタートアップ

花のサブスクリプションサービス「ブルーミー」運営の「ユーザーライク」が21億円調達

company

2022年1月14日、ユーザーライク株式会社は、総額21億円の資金調達を実施したことを発表しました。

花のサブスクリプションサービス「ブルーミー(bloomee)」を運営しています。

2022年1月現在、200店舗以上の生花店と提携し、毎週季節の花をポストに届けています。

廃棄されることもある規格外の花を、市場と連携し適正価格で買い取るなど、業界全体にも貢献できるようなサスティナブルな仕組みづくりを行っています。

今回の資金は、顧客拡大や、プロダクト体験の強化、サスティナブルな仕組みづくりの推進・強化、toB・ギフト事業の本格化などに充当されます。

観賞用に提供される植物である花卉は、冠婚葬祭、プレゼント、装飾など、様々な形で利用されています。

国内の農業産出額は、約9兆円ほどですが、花卉はそのうちの4%(約3,600億円)を占めています。

葬儀でほとんどの場合使われる白い菊は安定的に供給できるため、もっとも産出額が高くなっています。

しかしその他の花卉は嗜好性が強く、消費者のニーズを捉えた生産をしたり、需要を掘り起こしたりすることが必要となります。

また土地によって生産できる花卉が限られているため、産地のブランディングといったことも行われています。

一方、花卉の消費では、年齢別では若年層の購入金額が圧倒的に低いことと、卒業・入学式、母の日、お盆・お彼岸、クリスマス・正月などのイベントのある月に消費が集中していることが課題となっています。

サブスクリプションサービスは若年層の需要を創出していくための非常に有効な手法だと考えられ、また生産者に安定的な収益をもたらすものとして大きく期待されています。

新たな需要を開拓していくためには、SNSマーケティングなど新たな手法を活用することも重要です。「冊子版創業手帳」では、ネットPRのノウハウや、ネット通販のはじめ方、SNSの活用方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ bloomee ギフト サブスクリプション ブルーミー ユーザーライク 園芸 株式会社 花き 花卉 資金調達 農家 農業
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」など提供の「オープンエイト」と「凸版印刷」が業務提携
2020年11月27日、株式会社オープンエイトは、凸版印刷株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 オープンエイトは、インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」や、動画自動生…
自動車の整備・修理出張サービスの「Seibii」が自動車フリマサイト「カババ」運営の「アラカン」と業務提携
2022年8月10日、株式会社Seibiiは、株式会社アラカンと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Seibiiは、ネットから簡単に相談・依頼できる整備・修理・パーツ取り付けなどの出張サービ…
スマートスピーカーを活用した宿泊施設の業務効率化システム提供の「TradFit」が資金調達
2021年11月18日、TradFit株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 スマートスピーカーとチャットボットを活用した宿泊施設の業務効率化システム「TradFit」を提供しています。 …
革新的なカーボン新素材を開発・製造・販売する「3DC」が資金調達
2022年5月31日、株式会社3DCは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「研究開発型スタートアップ支援事業/NEDO Entrepreneurs Program(NEP)」に採択されたこ…
衛星データを利用した高精度な地表観測サービスを提供する「New Space Intelligence」が3,000万円調達
2022年10月13日、株式会社New Space Intelligenceは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 New Space Intelligenceは、光学衛星画像…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ