道路点検AI開発の「アーバンエックステクノロジーズ」が8,000万円調達

2020年10月15日、株式会社アーバンエックステクノロジーズは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

道路点検AIや、道路損傷検出サービス「My City Report for road managers」、市民協働投稿サービス「My City Report for citizens」を開発・提供しています。

「My City Report for road managers」は、従来、自治体の職員が行っていた車上からの目視による道路損傷確認業務を改善するサービスです。

具体的には、車内に設置したスマートフォンや専用デバイスにより自動で損傷している道路をカメラで検出し画像をアップロードします。アップロードされたデータは、リアルタイムで路線評価や維持修繕費の予測ができます。

「My City Report for citizens」は、市民と自治体が協働して地域の課題に取り組むことができるスマートフォン・アプリです。道路の損傷などの不具合をみつけて投稿することで、自治体が対応することが可能となります。

社会インフラの整備は人命に関わる事故を防ぐために非常に重要ですが、少子高齢化と業務自体の難しさによる人材不足により、メンテナンスに課題を抱えています。

そのため、AIやIoTなどのデジタル技術による高度化・効率化の推進が必要となっています。すでにドローンによる点検などが進められており、今後もこの取組みは加速していくことが考えられます。

アーバンエックステクノロジーズの提供するソリューションは、ただ道路損傷確認業務を効率化するだけでなく、市民と自治体の協働によるスマートな都市経営の実現を目指しています。

プロダクトの開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャー・キャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI My City Report for citizens My City Report for road managers UrbanX アーバンエックステクノロジーズ インフラ 協働 整備 株式会社 点検 自治体 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ