眼科遠隔診療サービス提供の「MITAS Medical」が資金調達

company

2020年10月1日、株式会社MITAS Medicalは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社タカギセイコーです。

眼科医以外でも診察に必要なクオリティの眼画像を簡単に撮影できるスマートフォン接続型の眼科診療デバイス(MS1)をタカギセイコーと共同開発し、世界80カ国で販売しています。

また、MITAS Medicalが開発した専用アプリと組み合わせて利用することで、眼科診療の経験がない人でも、必要な問診・眼画像などを使用し、遠隔で眼科医に相談することができます。

今回の資金は、チーム強化や、診療の幅を更に広げるための新たなPOC(ポイント・オブ・ケア)デバイスの開発、AI開発の更なる加速に充当されるようです。

日本の地方においては眼科医不足が深刻化していると言われています。

また、発展途上国はさらに深刻で、たとえばカンボジアには18万人以上の視覚障害者がおり、そのうち1万人ほどが余儀なく失明に苦しんでいるといいます。原因の75%は未治療の白内障で、残りは矯正されていない視力、緑内障、角膜の瘢痕化や翼状片などのようです。

こうした発展途上国でもスマートフォンは普及しているため、スマートフォンを活用した遠隔診療が実現することで、失明で苦しむ人を救うことができるはずです。

医療課題を解決するビジネスなどの、社会課題解決型のビジネスはすぐに結果がでるものではなく、ビジネスとして成り立たせるために大きなハードルがあります。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ MITAS Medical 株式会社 画像 眼科 診療 資金調達 遠隔診療

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ