注目のスタートアップ

海上通信プラットフォーム「コースタルリンク」を開発する「フューチャークエスト」が資金調達

company

2022年10月5日、フューチャークエスト株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

フューチャークエストは、海上通信プラットフォーム「コースタルリンク(CoastalLink)」を開発しています。

すべての船舶同士、船舶と地上施設との間で一元的デジタル交信を実現することで、海難事故防止に貢献することを目的としています。

2022年夏に施策システムを完成させ、小型船を中心とした技術検証、制度改革推進に向けた課題検証のための実証実験を展開しています。

通信にあたっては、次世代AISと呼ばれる、新たな海上通信規格であるVDESの活用を想定しています。

2024年のVDESの段階的施行のタイミングに合わせ、「コースタルリンク」のサービス開始を予定しています。

2027年には、衛星とも連携し、日本のEEZ(排他的経済水域)内において、90%を超えるカバー率を目指します。

船舶では船の位置情報などを相互に送信することで衝突を予防する装置である、船舶自動識別装置(AIS)が普及しています。

AISはVHF帯電波の専用周波数が割り当てられており、数秒ごとに、位置・速力・回頭角速度・航行状態、6分ごとに船名・IMO番号・信号符字・貨物の種類・全長全幅・GNSSのアンテナ位置・目的地・到着予定時刻・貨物情報・喫水といった情報を発信しています。

AISは、1974年の海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS条約)において、「国際航海に従事する300総トン以上の全ての船舶」「全ての旅客船」「国際航海に従事しない500総トン以上の貨物船」への搭載が義務づけられています。

一方で、小型船舶にはAISが搭載されていないこともあるため、AISのみでは小型船舶を見落としてしまう可能性があります。

また、日本周辺海域など大量の船舶が航行するような海域ではAIS通信網が圧迫され、円滑な通信ができないという課題も生じています。

このAISの課題を解決するため、AISを発展させたデータ通信インフラであるVDESの開発が各国で進められています。

VDESではAISよりもさらに多くの通信や情報を取り扱うことが可能となるため、VDESを用いたアプリケーションやサービスなどが数多く提供されることが予測されており、海事産業はIT系からの注目も高まっています。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ データ通信 プラットフォーム 株式会社 海上 海事産業 船舶 資金調達 通信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

海外ビジネスメディア「海外情報ナビ」 現地調査サービス「ちょこシル」を提供開始
2022年5月26日、株式会社クロス・マーケティンググループの関連会社である株式会社gr.a.mは、運営する海外ビジネスメディア「海外情報ナビ」において、新サービス「ちょこシル」の提供を開始します。 …
廃棄素材を使用したクラフトジンの生産などの蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ」が1.4億円調達
2021年6月16日、エシカル・スピリッツ株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っています。 日本酒…
最終面接で不採用になった学生を他社に推薦するスカウト型サービス「ABABA」が6,000万円調達
2022年2月8日、株式会社ABABAは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 新卒対象スカウト型サービス「ABABA」を運営しています。 最終面接で不採用になった学生だけをスカ…
​大学生向けスケジュール管理アプリ「Penmark」が5,800万円調達
2019年11月6日、株式会社ペンマークは、総額約5,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 大学生向けのスケジュール管理アプリ「Penmark」を運営しています。 シラバスから時間割を作…
車の出張整備・修理の「セイビー」運営の「Seibii」が8.4億円調達
2021年6月30日、株式会社Seibiiは、総額8億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 車の出張整備・修理サービス「セイビー」を開発・運営しています。 「セイビー」は、ネットから…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ