手術支援ロボットを開発する「リバーフィールド」が金融システム開発の「トレードワークス」と業務提携

tips

2022年6月17日、株式会社トレードワークスは、リバーフィールド株式会社と、資本提携することで合意したことを発表しました。

リバーフィールドは、空気圧システムの精密制御技術をコア技術に、手術支援ロボットの製造販売や研究開発、それに付随するコンサルティング事業を展開しています。

2022年6月現在、内視鏡ホルダロボット「EMARO(エマロ)」を販売し、力覚フィードバック機能を搭載した手術支援ロボット、眼科用内視鏡把持ロボット、次世代内視鏡把持ロボットを開発中です。

トレードワークスは、金融システムを開発・提供しています。

2022年5月23日に、リバーフィールドとトレードワークスは業務提携を行うことを決定しています。この提携により、トレードワークスはリバーフィールドにシステム開発・ソフトウェア開発・技術を提供し、医療機器開発において協力していきます。

トレードワークスは、今回の資本提携を機に医療機器開発におけるシステム構築への協力体制の強化と、医療分野での事業拡大を図っていきます。

手術支援ロボットとは、医師がモニターに映し出された映像を見ながら、コントローラーを使ってロボットの手を動かし手術を行うロボットのことです。

主に内視鏡手術で利用されており、手術の際に身体に開ける穴が小さくて済むこと、精密な操作ができること、担当医師の肉体的負荷が軽減されること、手の震えなど突発的な動きを防止することで担当医師の精神的負荷が軽減されることなどさまざまなメリットがあります。

手術支援ロボットにおいて約7割のシェアを占めているのが、米国・インテュイティブ・サージカル社の「ダヴィンチ」という手術支援ロボットです。

1999年に誕生した手術支援ロボットであり、手術支援ロボットとして基本的な動きやアームの関節のデザインなど、数百種類の特許をおさえています。

これにより独占状態にあったのですが、2019年に大部分の特許が期限切れを迎え、これを機に手術支援ロボットの開発競争が加速しているのです。

リバーフィールドの手術支援ロボットは、空気圧で動くことを特徴としています。術者に臓器をつかんだ時の感触などを伝えることを可能としており、より繊細で安全な手術が可能となります。

また、従来の電気駆動に比べて小型化が可能であるため、より多様な手術室への導入が可能となります。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ EMARO エマロ トレードワークス リバーフィールド ロボット 内視鏡 医療機器 手術 支援 株式会社 業務提携 研究開発 資本提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が40億円調達
2022年4月8日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 シェアリングエネルギーは、太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」を提供してい…
エンプロイーサクセスプラットフォーム「Well」開発・運営の「Boulder」が1億円調達
2020年7月28日、株式会社Boulderは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、クローズド提供していた「Well(ウェル)」のβ版の正式リリースも併せて発表しました。 「We…
IoTオーケストレーション・サービス「enebular」運営の「ウフル」が資金調達
2020年1月28日、株式会社ウフルは、資金調達を実施したことを発表しました。 IoTオーケストレーション・サービス「enebular(エネブラー)」を運営しています。 IoT製品・サービスづくりを包…
ビジネス動画制作クラウド「video plant」提供の「Wanget」が資金調達
2022年1月11日、株式会社Wangetは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「video plant」の提供を開始したことも併せて発表しました。 「video plant」は、独自に構…
インフルエンサー・エージェントの「アナライズログ」が資金調達
2020年4月16日、株式会社アナライズログは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 アナライズログは、主に子供向けのYouTuberなどのインフルエンサーのエージェ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ