「R-StartupStudio」支援の大型3Dプリンティング「Arevo」 クラウドファンディングでの支援額が7億円を突破

2020年9月24日、株式会社R-StartupStudioは、米国のプラットフォームIndiegogoで行っている「Arevo(アレボ)」のクラウドファンディングの支援額が9月16日に7億円を突破したことを発表しました。

R-StartupStudioは、社会課題の解決につながる可能性のある新しい技術を持つプロジェクトの包括的な支援を行っています。

R-StartupStudioが支援を行っている「Arevo」は、カリフォルニア・シリコンバレーを拠点とするスタートアップで、大型3Dプリンターに関連するソフトウェア開発・プリント技術・ロボティクス開発を一気通貫で行っています。

今回、自社の大型3Dプリンターを用いて製造する、オーダーメイド型の自転車「Superstrata(スーパーストラータ)」のクラウドファンディングを行っています。

カーボン・ファイバーを出力できる大型の3Dプリンターでフレームを成形することで、形を特注できるだけでなく、カーボンの繊維の向きを自由に選べるため、強度を高くすることもできます。

世界の3Dプリント関連市場は、2020年までに2兆5,3000億円に達すると見込まれています。すでにランニング・シューズのソールや、ロケットの部品、医療機器など、さまざまな分野に活用されています。

「Arevo」のカーボン・ファイバーを扱える3Dプリンターは、将来的には航空機も生産できるため、多くの企業が出資しています。

また、3Dプリンターだけでなく、3Dプリンティングに活用できる材料の開発も盛んです。たとえばハーバード大学の研究チームは、形状記憶効果を発揮するファブリック素材を開発しました。

新たな素材の開発と3Dプリンターの高度化が進むことで、ものづくりにおける多くの課題が解決され、我々の生活はさらに豊かになっていくことでしょう。

企業の成長には資金調達が必要不可欠です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 3Dプリンター Arevo Indiegogo R-StartupStudio Superstrata クラウドファンディング スーパーストラータ 技術 株式会社 自転車

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ