上場企業の経営管理業務支援ツール「FUNDOOR」においてオンライン株主総会開催機能「オンライン株主総会」がリリース

2020年9月17日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDOOR(ファンドア)」において「FUNDOOR株主総会」機能を正式リリースしたことを発表しました。

「FUNDOOR」は、事業計画や資本政策など、資金調達に必要な流れや書類作成を支援する、未上場企業向けのサービスです。

今回の「FUNDOOR株主総会」により、開催準備から開催後のIRまで、株主総会の煩雑なプロセスをオンラインで完結することができます。

具体的には、“株主総会の準備書類から議事録まで自動で作成”、“煩雑な紙による郵送・返送から解放”、“議決権行使状況も自動集計!履歴もクラウドで一元管理”することができます。

日本クラウドキャピタルはほかに、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営しています。

株主総会は企業の意思決定の場として非常に重要ですが、手続きが煩雑のために、ただこなすだけになっている企業も多くあるでしょう。

近年、株主総会は対話の場として注目を集めています。とはいえ、スタートアップは株主との距離が近いため、株主総会を開かなくてもコミュニケーションがとれているケースが多いかもしれません。

しかしそれは、スタートアップと株主の1対1の対話です。株主総会では、株主と株主の関係を構築することができるため、戦略の幅を広げるために有効活用できるかもしれません。

企業には法律に則って整備しなくてはならない多くの決まりごとがあります。しかし専門的な知識が必要なため、起業家自身で行うには難しい場合もあるでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、人事・労務の仕組みの整備方法など、総務で必要となるノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ FUNDINNO FUNDOOR FUNDOOR株主総会 オンライン ツール ファンディーノ ファンドア 日本クラウドキャピタル 株主総会 株式会社 業務支援 経営管理
関連記事はこちら

日本初の投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」はどのように生まれたのか。日本クラウドキャピタル大浦COOインタビュー

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ