福祉とアートを軸とした新規サービスの企画立案・開発などの「ヘラルボニー」が資金調達

2020年8月5日、株式会社ヘラルボニーは、資金調達を実施したことを発表しました。

知的障害のあるアーティストが描いたアート作品を扱うアート・ライセンス事業や、CSR・CSV・SDGsを軸とした企画のブランディング・プロデュースなど、福祉を軸としたクリエイティブな事業を展開しています。

今回の資金は、アート・ライセンス事業、自社ブランド事業、原画・複製画事業の3つの事業の基盤拡充、顧客開拓などに充当されます。

知的障害などの障害を抱える人の創作は、ときに強烈な個性を放つことがあります。例えば草間彌生は、幼いころから悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために創作をし続け、結果的に世界的に有名な芸術家となりました。

このようなアウトサイダー・アート(体系的な芸術の教育を受けていない人の作品)は鮮烈なものの、現代アートの市場では値をつけにくいという事実があります。というのも現代アートは、文脈を踏まえた批評性のある作品が評価を得るという、知的な遊戯の側面があるからです。

しかしもちろん、そのようなハイコンテクストなアート市場に辟易しているコレクターや業界人も存在しています。心を揺さぶる可能性のあるアウトサイダー・アートは、アート市場ではなく、企業とのコラボレーションや、デザイン、ファッションなどの領域で勝負できるかもしれません。

社会課題を解決するビジネスは社会的に大きな意義がありますが、ビジネスとして成立させることにハードルがあります。そのため資金調達が重要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SDGs アート ヘラルボニー 企画 株式会社 知的障害 福祉 資金調達 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ