「bazzar」がモノが即時に現金に変わるアプリ「MonoMoney(モノマネ)」をリリース

tips

2020年7月27日、株式会社bazzarは、「MonoMoney(モノマネ)」をリリースしたことを発表しました。

「MonoMoney」は、モノが即時に現金に変わるアプリです。

売りたいモノをスマートフォンで撮影して写真を送りだけで即時に買い取ってもらえ、現金に変えることのできるサービスです。

現金に変えられるモノは、家具・家電・服飾・貴金属・車・外貨などです。

現金化したあとは、売買契約後7日以内にモノを郵送します。もし郵送できなかった場合は、自動的にキャンセル扱いとなります。

また、即時現金化できるサービス「フラッシュ買取」だけでなく、的確な査定でより高くモノをお金に変えることができる「郵送買取」も提供しています。

以前までリユース市場は店舗型の業態がほとんどでしたが、現在はフリマアプリの普及などにより、ネット型のCtoCや、ネットと店舗を組み合わせたハイブリッド型など、多種多様な二次流通の業態が登場しています。

しかし即時買取サービスは、フリマアプリ大手のメルカリが運営する「メルカリNOW」が約9カ月でサービスを終了したり、スマートフォンの買取にフォーカスした「スママDASH」もサービスを終了しているなど、運営が難しい領域といえます。

そのなかでも即時買取サービス「CASH」は、7月にアップデートを行い、買取カテゴリの充実や、既存の買取サービスで培ったノウハウとAI技術を用いた査定方法の導入により、正しい査定の実現を行い、事業の拡大を目指しています。

買取サービスでは売ったモノを郵送する必要がありますが、独自の郵送システムを提供しているサービスも多くもあります。しかし企業の運営でなにかしらモノを送る場面では、自分で最適な郵送サービスを選ぶ必要があります。「冊子版創業手帳」では、荷物を効率的に送るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ bazzar MonoMoney モノマネ 即時買取 株式会社 買取

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ