プリペイドカード型の福利厚生サービス「miive」が正式リリース

tool

2022年7月19日、株式会社miiveは、「miive(ミーブ)」の正式提供を開始したことを発表しました。

「miive」は、エンゲージメントを向上するEX(従業員体験)プラットフォームです。

プリペイドカード型の福利厚生サービスで、利用用途・予算を設定したポイントをプリペイドカードを通じて従業員に付与することができます。

ポイントの使用先はVISA加盟店の中から自社の方針に合わせて自由に設定でき、柔軟な福利厚生を設計できます。

面倒な利用申請や経費申請の手間がなくなるため、福利厚生制度の見直し・改善も気軽に行うことができます。

福利厚生とは、企業が従業員(とその家族)に対して提供する給与以外の報酬のことです。

福利厚生制度では、従業員の健康のサポート、働きやすい環境の提供、休暇の支援など、企業によってさまざまな制度が運営されています。

福利厚生を提供する目的としては、従業員満足度の向上や、社内の活気の向上、従業員間のコミュニケーションの促進などが挙げられます。

一方で、こうした目的を果たすためには、従業員に積極的に利用される福利厚生制度を設計する必要があります。

多くの企業では経営陣と従業員に壁があり、従業員が本当に欲していることを汲み取ることが難しいケースがあるため、福利厚生制度の設計も上手くいかないこともあります。

また、福利厚生制度は、経費精算や制度利用時の申請の手間などの課題も抱えています。

これらの課題を解決するため、自社で福利厚生制度を設計するのではなく、外部の福利厚生サービスを導入する企業が増えています。

「miive」は、プリペイドカードを活用したユニークな福利厚生サービスです。

福利厚生の対象がVISA加盟店であるため、非常に幅広いサービスを提供することが可能となります。たとえば、企業の近くの飲食店をポイントの利用先として設定することで、従業員のランチミーティングなどを促進できます。

働きやすさを向上させるにはいくつも施策が考えられますが、オフィスにおいてはオフィスチェアの導入が費用対効果が良いことがわかっています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、快適なオフィス環境の構築方法やオフィスチェアの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ miive サービス プリペイド・カード プリペイドカード ミーブ リリース 株式会社 正式 福利厚生 設計
詳細はこちら

これからの“働く”にフィットした新しい福利厚生をデザインする「miive(ミーブ)」正式リリース。柔軟な制度を業務負担をかけずに設計、福利厚生の新しい体験を提供

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

3次元レーザースキャナーによる空間測量の「クモノスコーポレーション」が10億円調達
2021年7月5日、クモノスコーポレーション株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工事測量・外壁診断・建造物点検など、インフラ関連の事業を展開しています。 また、3次元(3…
ReactNativeやFlutterに強みを持つアプリ開発企業「インプル」が資本性ローンにより1億円調達
2023年8月24日、株式会社インプルは、日本政策金融公庫の札幌支店中小企業事業により、資本性ローン(制度名:挑戦支援資本強化特別貸付)1億円の融資を調達したことを発表しました。 インプルは、Reac…
食事・運動・体重管理アプリケーション「カロミル」を提供する「ライフログテクノロジー」と「ハウス食品グループ本社」が資本業務提携
2023年3月29日、ライフログテクノロジー株式会社は、ハウス食品グループ本社株式会社と、資本業務提携を締結したことを発表しました。 ライフログテクノロジーは、食事・運動・体重管理アプリケーション「カ…
オンデマンド乗合タクシー向け配車システム「TAKUZO」などを提供する「バイタルリード」が資金調達
2023年6月20日、株式会社バイタルリードは、資金調達を実施したことを発表しました。 バイタルリードは、オンデマンド乗合タクシー向け配車システム「TAKUZO」の提供や、公共交通計画・観光振興・地域…
AIとロボットで有機農業を推進する「トクイテン」が3.7億円調達
2023年10月26日、株式会社トクイテンは、資金調達を実施したことを発表しました。 トクイテンは、AIやロボット技術を活用した有機農業の栽培全体の自動化を進めています。 収穫・液体噴霧・防虫など、ロ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】