葬儀関連サービス提供の「公益社」が「葬儀へのリモート参列サービス」を本格導入

tips

2020年7月10日、燦ホールディングス株式会社は、完全子会社の株式会社公益社が「葬儀へのリモート参列サービス」を本格導入することを発表しました。

公益社は、首都圏と近畿圏を地盤とし、48の葬祭会館を運営するグループの中核会社です。

今回の「葬儀へのリモート参列サービス」は、新型コロナウィルス感染症の影響や遠方に住む人など、葬儀に参列できない方が遠方から弔う気持ちを表現できるサービスです。

スマートフォンやタブレットを持参すれば、会場に準備されているWi-Fiや、三脚などの機材を利用して、葬儀の様子を撮影・配信することができます。

厚生労働省によると、人口構成の変化などにより国内の死亡者数は年々増加しているものの、葬儀金額規模の縮小や参入事業者間の価格競争により、2018年のフューネラル(葬祭)ビジネス市場規模(事業者売上高ベース)は、前年比101.0%の1兆8,230億9,900万円となっています。

死亡者数のさらなる増加による件数ベースで市場は拡大していくとみられていますが、孤独死や遺族不明の高齢者の増加により葬儀自体が行われない可能性も高まるとみられています。

そのため、その葬儀実施への敷居を下げたり、遠方からの参加を容易にするサービスの提供などが重要となると予測されています。

新型コロナウイルス感染症の流行により、様々なところでリモートの波がきています。特に多くの企業ではリモート・ワークやテレワークの導入が急速に進みました。「冊子版創業手帳」では、リモート・ワークやテレワークの導入に必要な、社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 公益社 株式会社 燦ホールディングス 葬儀 葬儀へのリモート参列サービス

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ